ANSYS Autonomy

自動運転

最も厳しい安全基準を満たさずに、車を路上で走らせる、ドローンを空中に飛ばす、ロボットを倉庫内に置くというようなことはできません。自動運転車の場合は、これは数十億マイルを運転することを意味し、市場への投入期間が決定的に重要な場合は実質的に不可能です。自動運転車向けのANSYSの完全なソリューションがあれば、短い開発、検証時間で、製品を投入することができます。当社のオープンで設定可能なソリューションは、実際の運転、飛行、操縦のシナリオの閉ループシミュレーションと高い忠実度の物理解析を統合し、機能の安全性を検証します。車両性能を調べるために非常に多くの走行を実施する場合、ANSYSは道中で起こりうるすべての潜在的障害を予測し、回避することを保証します。


関連ページ:
自動運転走行シナリオの正確なシミュレーション

 

センサーのシミュレーションと検証 - すべてのセンサータイプ(LiDAR、カメラ、レーダー)をシミュレーションして、車載の性能を正確に予測します。

機能安全、SOTIF、およびサイバーセキュリティ分析 - 機能安全分析のためのハザードと操作性(HAZOP)分析、障害ツリー分析(FTA)、障害モードと影響分析(FMEA)、障害モード、影響と診断分析(FMEDA)、および評価の対象(TOE)モデリング、脅威 評価および修復分析(TARA)、サイバーセキュリティ分析のための攻撃ツリー分析を実行します。

自動化および制御ソフトウェア開発の推進 - シミュレーションとISO 26262認定コードの自動生成により、認定までの時間を短縮し(2X)、組込みソフトウェア開発コストを50%削減します。

シナリオの検証 - 複雑な現実世界の交通、歩行者、天候、照明条件にまたがる、数百万の運転シナリオの下で車両を迅速にテストします。

システム統合 - チップレベルからシステムレベルまで、制御アルゴリズム、ヒューマンマシンインターフェイス(HMI)、ビークルダイナミクスなどをシミュレーションして、車両の信頼性と安全性を確保します。