Skip to Main Content

 

WEBINAR

高精度レンズでエッジケースを再現する最新カメラシミュレーション

Ansys SPEOS 2020R1では新機能SPEOS LensSystemが実装されました。自動運転のエッジケースやモバイルカメラのシミュレーションにおける光学システムの影響を高精度に可視化し、さらに高速な計算を行います。また、Zemax Optic studioのBlack Boxデータを用いた解析も可能です。

以下のポイントについてご紹介します。  

  • 高精度なInput条件
  • 天候条件の再現
  • 非可視光のシミュレーション
  • Zemax他レンズデータの取り込み
  • パラメータスタディ
  • MultiPhysicsシミュレーション

レベル:

中級(目安:カメラレンズ設計を経験されている)

こんな人に受講をおすすめ:

  • ADAS/AD向けのカメラ開発サプライヤご担当様、および自動車OEM/Tear1の車載検証担当者様
  • 生産ライン/画像検査装置カメラご担当様
  • 建機/農機向けのカメラ開発/車載検証ご担当様
  • 防衛向けカメラ開発ご担当者様

SHARE THIS WEBINAR

不可能を可能にする準備は整っていますか?

お問い合わせ

* = 必須項目

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

We’re here to answer your questions and look forward to speaking with you. A member of our Ansys sales team will contact you shortly.

Racecars on a track