WEBINAR

サイバーセキュリティの脅威に対する分析アプローチ(ISO 21434)

近年、自動車業界においてクリティカルな電気および電子(E / E)およびソフトウェア制御システムを開発する際にISO26262への準拠だけでなく、サイバーセキュリティの側面に注意を払う事が重視されています。特にSAE J3061や、間もなく正式にリリースされるISO 21434に沿ってシステムを作成する場合、セキュリティの脅威(システムの損傷、データ/プライバシー/財務/評判の損失など)によって引き起こされる損失の分析は、OEMやTier 1およびTier2のサプライヤにとり、新たな負担となります。本セミナーでは、Ansys medini analyze Cyber Security ProがISO21434準拠に向けてどのような分析機能を用意し、お客様のセキュリティ活動をどのようにサポートできるかについてご紹介します。

レベル:

初級~中級

こんな人に受講をおすすめ:

  • 機能安全、サイバーセキュリティー対応開発のご担当者またはご推進者
  • 機能安全管理者もしくは安全管理者を目指すご担当者またはご推進者
  • サイバーセキュリティ関連の開発プロセス構築に携わるご担当者またはご推進者
  • 機能安全分析開発のツールをご検討のお客様

SHARE THIS WEBINAR

不可能を可能にする準備は整っていますか?

お問い合わせ

* = 必須項目

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

We’re here to answer your questions and look forward to speaking with you. A member of our Ansys sales team will contact you shortly.