Skip to Main Content

Case Study

安全稼働証明の認証プロセス効率化を達成するMBE

現在の鉄道には、より高度に制御ができるCBTC(Communication Based Train Control)の導入が進んでいます。しかし、鉄道安全規格EN 50129を取得するには、CBTC組込みソフトウェアがあらゆる動作条件において安全に稼働する証明が求められます。

ポーランドのRail-Mil社は、新たなソフトウェア開発プロジェクトにシステムの安全性解析やコード生成を担うMBE(Model Based Engineering)を活用し、短期間でプロジェクトを完遂しました。その取り組みをご紹介します。
 

SHARE THIS CASE STUDY

不可能を可能にする準備は整っていますか?

お問い合わせ

* = 必須項目

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

We’re here to answer your questions and look forward to speaking with you. A member of our Ansys sales team will contact you shortly.

Racecars on a track