Share:
ANSYS Mechanical Premium

ANSYS Mechanical Premium

ANSYS Mechanical Premiumでは、ANSYS Mechanicalインターフェースを使用し、実際の構造エンジニアリングを決定するために利用できるような形で、強力な有限要素モデル化機能を提供します。Mechanical Premiumをご利用いただくと、ANSYS Mechanicalソルバーにアクセスできます。このソルバーは、驚くほどのスケーラビリティがあり、また、広範な産業で採用されており、さらに大規模なグローバルエンジニアベースがすばらしいサポートを提供しています。機能には次のサポートが含まれています。

線形力学
固有振動周波数、調和荷重への反応を調べ、輸送時(ランダムまたはPSD振動)または地震(地震応答)などの事象発生時の挙動を理解することによって、動的環境で設計がどのように機能するかを正確に予測できます。事前荷重を組み込むと、精度が上がり、自重ボルト締めアセンブリ、あるいは急ブレーキですら解析できます。

非線形
線形の弾性材料を超えて移動すると、樹脂または超弾性大変形時(ゴムやネオプレンなどの材料)の材料の挙動を解析できます。非線形解析では、摩擦があるにしろ、ないにしろ、相互に関連して移動するパーツの接触と大きなたわみも考慮されます。

機構
可動部の多いシミュレーションは、解析と理解が困難になる場合があります。剛体力学を使用して、複雑な接合部やパーツの相互作用を迅速に突き止めることができるため、安心して設計を決定できます。

熱的モデル化
アセンブリにまたがって熱伝導、滞留、輻射を解析することによって、構成要素の温度を予測し、それをもとに誘発される応力と大変形を検証できます。Mechanical Premiumにより、他の解析システムやファイルから動力損失や算出温度を読み取ることができます。したがって、CFDまたは電磁解析を熱解析の出発点にすることができます。パイプやパーツ間の摩擦から生じた熱によって、流体流れを説明することもできます。いずれの機能も、解析の正確性と結果の向上に貢献します。

Capabilities

Linear Dynamics

モーダル、調波、スペクトル、ランダム、およびローター力学解析により、さまざまな環境における固有周波数、強制振動、地震事象、および輸送時の振動が構造にどのような影響を与えるかを理解できます。

Linear Dynamics
Material Models

非線形材料特性に関して、Mechanicalではゴムのような材料の超弾性、荷重下の速度に依存する可塑性を解析できます。

Material Models
Rigid Body Dynamics/Motion

接合部、完全と不完全の両方をモデル化し、剛体と弾力性のあるシステムの両方でブッシュやベアリングの剛性を定義することによって、機械的な動きを解析できます。

Rigid Body Dynamics/Motion
High-Performance Computing

接触を検知し、メッシュを作成し、増え続けるコア数によるあらゆる便益を解決します。ANSYSの解析は1,000を超えるコンピュータコアに分散させることができるため、解決時間が短縮されます。

Trace Mapping
Trace Mapping

プリント基板(PCB)を正確に解析するには、微量金属と誘電領域を明らかにする必要があります。Mechanical Premiumにより、微量金属をPB形状に自動的にマッピングできます。

Trace Mapping
Multiphysics

さまざまな物理現象の相互作用を解析して、実際の条件を的確にシミュレーションします。相互作用の例: 流体 - 構造連成作用(1方向), 熱 - 構造連成作用(シーケンシャル), 外部データによるその他の相互作用

Multiphysics

See how our customers are using our software:

Mirage Machines

Mirage Machines社

当社にとって、単なるエンジニアリング課題と呼ぶにはあまりにも大きな問題です。新製品を市場に出すときには、リスクを排除することが不可欠ですが、ANSYSへの投資は、機械シミュレーションの精査レベルの向上につながり、新製品に対してより意味のあるリスクアセスメントを行えるようになるでしょう。これによって未確認要素が減り、信頼が高まるだけでなく、プロジェクトの納期が短縮されます。長い目で見れば、コストのかかる製造後の設計修正がなくなることで、長期的なコスト削減が期待でき、財務面での利益ももたらされます。

ケーススタディを表示
Astrobotic Technology, Inc.

Astrobotic Technology社

ANSYSの設計ツールとシミュレーションツールを使用することにより、Astrobotic社は、許容レベルの安全性を確保しながら、発射時の静的加速度と動的でランダムな振動荷重に耐えうる、アルミニウムおよび複合材料製の軽量の宇宙船を短期間で設計し、改良することができました。シミュレーションは、プロトタイプおよび物理試験に伴うコストの削減に役立っています。 ケーススタディを表示