リバースエンジニアリング

スキャンデータやファセットデータを有効な3Dモデルに変換

SpaceClaimは、リバースエンジニアリングにおいても比類のないパワーと使いやすさ、そして柔軟性を発揮します。直感的なツールを使用して、下流工程用に、あらゆるファセットデータをサーフェスやソリッドに迅速かつ簡単に変換できます。また、スキャンの完全性にかかわらず、どんなSTLファイルも素早くCADフォーマットに変換できます。

スキンサーフェス機能によるサーフェスの自動生成
スキンサーフェスと呼ばれる画期的なツールは、プリズムセルまたは有機形状のサーフェスやソリッド形状に自動的にサーフェスを生成します。これまでのリバースエンジニアリングの限界を超え、生物などのスキャンした複雑な形状の周りにサーフェスデータを素早く再作成できます。この機能は以前からありましたが、これほど簡単に行えるのはANSYS SpaceClaimだけです。スキンサーフェスツールでは、ファセットデータの周囲に固定具や治具を再作成したり、摩耗した部品などの形状を修正することも可能です。

SpaceClaimによるリバースエンジニアリングの特長

  • 任意のSTLファイルのファセットに沿ってサーフェスを自動的に適合
  • 高度に有機的なスキンサーフェスを作成および修正
  • STLファイルのファセットに沿って曲線をスケッチ
  • ファセットデータの周囲に固定具を簡単に作成
  • 複雑な形状を再作成する際に周期ループを素早くブレンド

デモのご依頼はこちら

Reverse Engineering with SpaceClaim