Skip to Main Content

  

PRESS RELEASE
DATE: 2/16/2022

Ansys、TAG Heuer Porsche Formula E Teamとともに「99X Electric」レースカーをパワーアップし、フォーミュラE レースで歴史的な勝利を収める


Ansysの次世代シミュレーションソリューションにより、全電動でエネルギー効率の高いレースカーが決定的な優位性を獲得


主なハイライト

•      Porsche MotorsportはAnsysを活用してエネルギー管理を大幅に改善し、Mexico City E-Prixで勝利を収めました。

•      このパートナーシップにより、レースチームのエンジニアはカスタマイズされたエネルギーロスの少ない高効率のパワートレインを迅速に設計することができました。


ペンシルベニア州ピッツバーグ、2022年2月16日 ― Ansys(NASDA:ANSS)の産業界をリードするシミュレーションソリューションを活用して設計されたPorsche Motorsportの99X Electric フォーミュラEレースカーが、2022 ABB FIA Formula E World Championshipの第3戦となるAutodromo Hermanos Rodriguezサーキットで開催されたMexico City E-Prixで1位と2位を獲得し、カーレースの歴史に確固たる地位を築きました。TAG Heuer Porsche Formula E TeamのドライバーであるPascal Wehrlein (#94)が、Ansysソリューションを用いて電気効率を最適化した99X ElectricのGen2パワートレインで他を圧倒し、47分20秒404でフィニッシュして勝利しました。チームメートであるAndré Lotterer (#36)が2位でフィニッシュし、チームにとって歴史的なワンツーフィニッシュを成し遂げました。

TAG Heuer Porsche Formula E TeamはメキシコシティのAutodromo Hermanos Rodriguezサーキットでの競技に際し、大きなエンジニアリング上の課題に直面していました。シーズン8のフォーミュラEカレンダーではこのサーキットが唯一の恒久的な施設です。このサーキットでは曲がりくねったカーブでの高速走行の管理と長い直線コースでのフルスロットル走行が必要で、これには急激な加速と減速が求められます。完璧なレース戦略と最適なエネルギー管理が勝利への鍵となります。Porsche MotorsportはAnsysと協業して、エネルギーロスを極限まで抑えた高効率のカスタマイズされたパワートレインを設計し、99X Electricに大きな優位性をもたらしました。Porsche MotorsportのエンジニアはAnsysと協力して設計コンセプトの仮想試験を迅速に行い、物理的なプロトタイプを作成することなく短期間で最適な設計を実現しました。

Porsche race car

Ansysの産業界をリードするシミュレーションソリューションを活用して設計されたPorsche Motorsportの99X Electric フォーミュラEレースカーが、Autodromo Hermanos Rodriguezサーキットで開催されたMexico City E-Prixで1位と2位を獲得し、カーレースの歴史に確固たる地位を築きました。

走行の場をレーストラックから一般道路へと拡大することを目指し、Porsche Motorsportのエンジニアリングチームは99X ElectricのGen2パワートレインを用いた、エネルギー効率が高く低コストでサステイナブルな市販の電気自動車の開発を進めています。

「99X Electricはこのレースで電動車が持つ大きなポテンシャルを見せることでEモビリティの圧倒的なパワーを示しました。AnsysのソリューションはGen2パワートレインから最大の性能と効率を絞り出す重要な役割を果たし、99X Electricが高速走行を長時間維持し、エネルギーロスを大きく削減しラップタイムを何秒も縮めることを可能にしてくれました。」(Porsche Motorsport、Factory Motorsport Formula Eディレクター、Florian Modlinger氏)

「Porsche Motorsportは電動車設計のリーダーであり、Porsche 99X Electricは世界で最も過酷なレーストラックの一つでの最新の勝利を得ることでEモビリティの新時代を牽引しています。Ansysはこの成果を成し遂げたチームを祝福します。TAG Heuer Porsche Formula E TeamはAnsysを用いて非常に複雑な電気システムの連携を改善し最大のエネルギー効率が得られることを示し、競技に勝利しました。」(Ansys、worldwide sales, marketing and customer excellence部門シニアバイスプレジデント、Rick Mahoney)

 

Porsche team celebrates victory

Porsche MotorsportはAnsysを活用してエネルギー管理を大幅に改善し、Mexico City E-Prixで勝利を収めました。

PorscheとFormula Eについて

2019年にPorsche 99X Electricを携えたPorscheチームが30年以上の空白期間を経てオープンホイールのシングルシーターカーレースに復帰し、サウジアラビアのディリーヤで開催されたシーズン初戦で2位となるデビューを果たしました。Weissachが開発したPorsche E Performanceパワートレインを搭載した全電動レースカーは、スポーツカー製造業者の全電動市販モデル用の開発プラットフォームとしても使われています。エネルギー管理と効率はFormula Eと市販車開発での成功の重要なファクターです。2021/2022シーズンに向けて、99X Electricの最大出力は予選モードで250 kW、ノーマルレースモードで220 kW(昨シーズンは200 kW)です。アタックモードでは出力が250 kW(昨シーズンでは235 kW)にまで上げられ、最大回生量は250 kWで使用可能なバッテリー容量は52 kWhです。TAG Heuer Porsche Formula EチームはPorsche 99X Electricを駆って3年目のシーズンに挑みます。

詳細はmedia.porsche.com/formulaeをご覧ください。

 

Porscheに関する報道関係者お問い合わせ先

Viktoria Wohlrapp

Spokesperson Formula E and Brand Ambassadors

viktoria.wohlrapp@porsche.de

+ 49 (0) 711 / 911 28099

 

Ansysについて

ロケットの打ち上げをご覧になったり、飛行機で空を旅したり、車を運転したり、橋を渡ったり、PCを使ったり、モバイルデバイスの画面にタッチしたり、あるいはウェアラブルデバイスを身に付けたりされたご経験はおありでしょうか。それらの製品は、Ansysのソフトウェアを使って生み出されたものかもしれません。Ansysは、工学シミュレーションの世界的リーディングカンパニーとして、今までにない優れた製品の誕生に貢献しています。最高水準の機能と幅広さを備えた工学シミュレーションソフトウェアの提供を通じ、Ansysは、最も複雑な設計上の課題であっても解決を支援し、製品設計の可能性を想像力の限界まで押し広げています。1970年に設立されたAnsysは、本社を米国のペンシルベニア州ピッツバーグ南部に置いています。詳細は、 www.ansys.com をご覧ください。

Ansys、ならびにANSYS, Inc.のすべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、ロゴ、標語は、米国およびその他の国におけるANSYS, Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。その他すべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。

アンシス・ジャパン株式会社(ANSYS Japan K.K.)は、米国ANSYS, Inc. 100%出資の日本法人です。ANSYS, Inc.のエンジニアリングシミュレーションのソフトウェアやソリューションを日本で販売し、あわせてサービス、サポート体制を確立するために設立されました。

ANSS–C

Ansysができること

お問い合わせ

* = 必須項目

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

We’re here to answer your questions and look forward to speaking with you. A member of our Ansys sales team will contact you shortly.

フッター画像