Skip to Main Content

          

ANSYS BLOG

March 5, 2019

光学シミュレーションと仮想現実によるエレベーターのメンテナンスと設計の最適化

乗り心地や閉所恐怖症を考慮せずに設計されたエレベーターに乗ることほど、完璧な一日 を台無しにすることはありません。満員でもないのに、エレベーターの中で窮屈さを感じた ことはないでしょうか。 

エレベーターがメンテナンスエンジニアによって適切に安全性を確保されていることがわ かっていても、エレベーターの乗り心地が悪いと、私たちは目的階に着くまでずっと階数表 示を注視するしかありません。

幸いなことに、エンジニアは光学シミュレーションと仮想現実(VR)を使って、乗り心地 の良いエレベーターの設計を最適化することができます。 


エンジニアは、仮想現実でこのエレベーターのモックアップを作成することで、このエレベ ーターでは 2〜3 人の利用者しか快適に運べないことがわかります。

Ansys SPEOS のような光学シミュレーションツールを使用すれば、エンジニアは、人を中 に配置したエレベーター設計のモックアップを作成できます。このモックアップを使って、 重量に加えて快適性に基づく定員規模を計算できます。この情報は、建築家が建物を設計す る際に必要なエレベーターの台数を最適化するのに役立ちます。

 

シミュレーションと仮想現実によるエレベーター設計の改善

利用者がエレベーターに快適に乗れない原因は、閉所恐怖症だけではありません。めまい、 高所恐怖症、不安に関連する病気などは、いずれも不愉快さを生じさせる可能性があります。 

清潔で現代的な外観のエレベーターでも、照明や材料の選択を誤ると、快適に過ごせない場 合があります。SPEOS の光学シミュレーション技術により、エンジニアはさまざまな材料、 照明、色を試し、どれが利用者の不快度を軽減できるかを確認できます。 

左のエレベーター内部の SPEOS シミュレーションは、清潔で現代的に見えますが、魅力的 ではありません。右のエレベーターの SPEOS シミュレーションは、より開放的で魅力的で すが、ガラスの壁は高所恐怖症の人に悪い影響を与える可能性があります。 


光学シミュレーションを行うことで、エンジニアは利用者がエレベーターの室内をどのよ うに感じるかを予測できます。例えば、黄色い光が内装に合っていなかったり、鏡に反射し て気になったりすることに気付くかもしれません。 

エンジニアは、利用者が感じるかもしれない不安を軽減するような照明と材料の組み合わ せが見つかるまで、それらを素早く変更することができます。 

エンジニアは、設計が決定次第、VR ヘッドセットや VR 室を使って試すことができます。 そうすることで、エンジニアは物理的なプロトタイプを作成する前に、自分自身でエレベー ターを体験することができます。 

 

仮想現実によるエレベーターメンテナンスの安全性向上

エレベーターの仮想モックアップがあれば、設計以外にも活用できます。

Ansys VRXPERIENCE では、human in the loop(人間参加型)による VR トレーニングセ ッションをシミュレーションできます。メンテナンス担当者は、シャフトに立ち入る前に、 シミュレーションを使って新しいエレベーターの整備方法を学習できます。 

これにより、メンテナンス担当者の安全性とスピードが向上します。特に、初めて目にする エレベーターで作業をする場合に効果的です。


仮想現実は、メンテナンス担当者がより迅速かつ安全にエレベーターを修理するのに役立 ちます。

VR は、メンテナンス担当者に必要なすべてのことを安全な環境で教えることができます。

光学シミュレーションがその他の車両で安全性や利用者の体験をどのように向上させてい るかについては、以下を参照してください。  Safe Lighting Design of a Submarine Control Room

不可能を可能にする準備は整っていますか?

お問い合わせ

* = 必須項目

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

We’re here to answer your questions and look forward to speaking with you. A member of our Ansys sales team will contact you shortly.

Racecars on a track