ANSYS SCADE Display

ANSYS SCADE Display

ヒューマンマシンインターフェース向けのロバストな組込みディスプレイを設計

SCADE Displayは、ANSYSの組込みソフトウェア製品ファミリーに含まれており、組込みヒューマンマシンインターフェース(HMI)向けの多機能グラフィック設計/開発環境を提供します。

OpenGL® SC1およびSC2(安全基準)、ES1およびES2(組込みシステム)規格のネイティブサポートを備えたSCADE Displayは、新世代のグラフィックソフトウェア開発ツールであり、プロトタイピングからディスプレイ設計、シミュレーション、確認、検証、認証済みコード生成まで幅広く対応し、認証可能な環境で複数の安全規格をサポートします。

SCADE Displayは、SCADE Suiteに緊密に統合されており、組込みHMIとその挙動ロジックの両方に対応する、包括的な開発環境を提供します。

SCADE Displayのアプリケーション
SCADE Displayは航空宇宙、鉄道輸送、自動車、原子力発電、および工業分野のリーディングカンパニーに、HMI表示ソフトウェアプロトタイピング/開発ツールとしてご利用いただいています。クリティカルな組込みディスプレイシステム(多機能ディスプレイ、ヘッドアップディスプレイ、自動車クラスター、デジタル計器/制御盤など)の設計とともに、ドライバー、パイロット、乗組員、またはテスト/保守チーム向けの2D/3Dシミュレーターディスプレイおよびトレーニングマシンもサポートします。

クリティカルな組込みHMIに合わせて調整
ANSYS SCADE Displayは、WYSIWYG設計エントリに適格なコードの自動生成テクノロジーを提供することで重要プロジェクトのコストを大幅に削減します。SCADE Display KCGコードジェネレータは、DO-178Bの開発ツールおよびDO-178CのDO-330 TQL-1ツールとして適格です。さらに、ISO 26262:2011のTCL3/ASIL DおよびCの認証を受けており、IEC 61508:2010のT3/SIL 3およびEN 50128:2011のT3/SIL 3/4の認証も受けています。

SCADE Display KCG Certification Kitは、下記を含め、認証機関が要求するあらゆる資料を提供します。

  • Tool Qualification Plan(TQP:ツール適正計画)
  • Tool Operational Requirements(TOR:ツール適性条件)
  • Interface Requirement Specifications(IRS:インターフェース要件仕様)
  • Tool Accomplishment Summary(TAS:ツールの成果概要)または Safety Case(SC:安全ケース)
  • 認証基準に対する適合性解析
  • Tool Installation Procedure(TIP:ツール導入手順)
  • Tool Configuration Index(TCI:ツール設定インデックス)
  • また、その他の基準別文書

Capabilities

グラフィカルプロトタイピングおよび設計

SCADE Displayには、インタラクティブHMIの高度なモデル化、エディタ、フォント管理ツール、設計チェッカー、および設定管理に対応するモジュールが組み込まれています。

Graphical Prototyping and Design
HMIテストの自動化

SCADE DisplayをSCADE Testに統合すると、モデルレベルでの初期HMIテスト、機能要件ベースのシナリオの記録と実行、ビットマップ比較、テスト適合性レポートが可能になります。

HMI Behavioral Logic Design
アプリケーションのライフサイクル管理をサポート

SCADE DisplayをSCADE LifeCycleと統合すると、要件管理、トレーサビリティ、統合設定管理、自動文書作成をサポートできます。

Support for Application Life Cycle Management
インタラクティブなシミュレーション

SCADE Displayは、ステップ別または連続モードのグラフィカル仕様シミュレーションをサポートします。また、シナリオを読み込み、再生し、記録し、スナップショットを作成することができます。

Interactive Simulation
統合型の設計チェック

SCADE Displayには、設計フェーズの早い段階で、ディスプレイ仕様が、命名およびグラフィカル設計ルールに確実に準拠できる、ユニークな機能があります。

Integrated Design Checking
HMI挙動ロジック設計

SCADE Displayをご利用いただくと、SCADE Suiteモデルベース開発/検証環境の挙動ロジックを使用して、HMIソフトウェアを改良できます。

HMI Testing Automation
コードおよびHMIの自動生成

SCADE Display KCGは、OpenGL SC1およびSC2、ES1およびES2規格のネイティブサポートを備え、組込みHMI用の判読可能、追跡可能、ターゲット変更可能なCコードを効率的に生成することができます。

Automatic Code and HMI Generation
重要な安全規格の認証

SCADE Display KCG Cコードジェネレータは、レベルAまでのDO-178Bソフトウェア、DO-178C/DO-330のTQL-1に対応する開発ツールとして適格性が認証されています。さらに、IEC 61508のSIL 3 、EN 50128のSIL 3/4の認証を受けており、ASIL DまでのISO 26262ソフトウェアとして適格性が認められています。

Certification for Critical Safety Standards
システムシミュレーションツールとの接続

SCADE DisplayはFMI共同シミュレーション規格によって、ANSYS Twin Builderおよび多くのシステムシミュレーションツールとシームレスに統合され、対話式のマルチフィジックスシステムシミュレーションを実行できます。.

Connectivity with System Simulation Tools

See how our customers are using our software:

Xmobots

Xmobots社

ブラジルのXmbots社は、農業、環境、警備、エネルギーなど、民間市場向けの無人航空機(UAV:Unmanned Aerial Vehicle)を開発しています。同社はブラジル市場向けUAVの開発に際して、DO-178のような航空機認証の基準に準拠する必要がありました。Xmobots社は、開発プロセスの一部としてANSYS SCADEを採用しました。同社がアプリケーションのコード全体を手動で記述していた当時の開発サイクルは2年でしたが、ANSYS SCADEによって6か月に短縮されました。
ケーススタディを見る
SCADE Display On-Board the Airbus A380 and A400M

Airbus社A380およびA400Mに採用されたANSYS SCADE Display

Airbus社とThales Avionics社はSCADE DisplayをANSYS SCADE Suiteとともに使用して、A380の制御およびディスプレイシステム(CDS:Control and Display System)を開発しています。一連のソフトウェアツールの統合によって、グラフィックスと関連挙動を網羅した仕様決めが容易になりました。

革新的なA380のオンボードエアポートナビゲーションシステムのディスプレイも、ANSYS SCADE DisplayとSCADE Display KCGのセーフティクリティカルなOpenGL機能のメリットを受けています。

ケーススタディを見る