まもなく開催されるウェビナー

ANSYSとPenguin Computing On-Demandにより、クラウドで製薬およびライフサイエンスデザインの課題を解決する

2017年11月30日~11:00 AM(EDT)

CRBが、ANSYSとPenguin Computing On-Demand(POD:HPCクラウドプラットフォーム)を使用して、世界中の先端技術産業におけるクライアントの設計課題をどのように解決するのかご説明します。

PODにより、ANSYSのお客様は、オンプレミスのインフラストラクチャーに投資することなく、高性能のベアメタルHPCコンピューティング環境をクラウドで利用することができます。 PODを使用することで、安全なオンデマンド環境でスケーラビリティ、パフォーマンス、無料のエキスパートサポートを利用できます。

本ウェビナーでは、PODのScyldクラウドワークステーション上のRemote Solve Managerにより、ANSYS Workbenchなどの使い慣れたツールで作業を続ける方法を学びます。 ANSYSのお客様は、個々の製品ライセンスまたはPOD上のANSYS Elastic Licensingの両方で作業できます。

REGISTER


大規模コンピューティングを利用した空力の形状最適化

2017年12月5日~11:00 AM(EDT)

ほとんどの企業は、エンジニアリングシミュレーションワークフローのためにローカルワークステーションや社内のハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)クラスタに依存していますが、クラウドコンピューティングに徐々に移行しています。多くの企業は、大規模で複雑なシミュレーションを実行するために、プライベートエンタープライズクラウド環境と外部HPCクラウドサービスを採用しています。

ANSYSは、HPCクラウドサービスプロバイダーのリーダーであるGompute社とパートナーシップを組むことにより、プライベートCAEクラウドソリューションの開発、およびそのクラウドプラットフォームへのオンデマンドアクセスによるコンピューティングキャパシティの拡張を支援します。本ウェビナーでは、GomputeクラウドでANSYSシミュレーションを実行する方法を学びます。高遅延や大規模なデータ転送での3次元のリモート可視化について説明します。

また、スペインのエンジニアリング会社KeelWit Technology社より、Gomputeのクラウドプラットフォームを活用した空力形状の最適化方法を説明します。 KeelWit社の、最適化の方法論と独自のアルゴリズム(クラウドHPCの使用がキーとなる多くの分野に適用可能な、柔軟でロバストな自動ルーチン)についての発表となります。 KeelWit社の方法論は、コンバインドサイクル発電所で使用される工業用ボイラーの吸気ダクト設計、屋内のスカイダイビング用の閉じた風洞の設計、および遊園地向けのエネルギー効率の良い次世代ウォータースライダーの設計など、多くの分野に直接適用できます。

REGISTER


サービスとしてのCAE:CPU 24/7 HPC CloudとANSYSソリューションでシミュレーションを加速化

2017年12月14日~11:00 AM(EST)

シミュレーション主導の製品開発では、最適化アウトソーシングやクラウドへの移行は、CAE作業を加速化し、HPCのキャパシティ問題を解決するための実行可能な代替手段となっています。 本ウェビナーでは、CPU 24/7社のTeam Lead Test&ApplicationsのThomas Gropp氏が、クラウド上のCPU 24/7社リモートHPCリソースに安全にアクセスする方法について説明します。

ANSYSのデモでは、ジョブの開始から、データの転送、実行中の計算の監視、計算結果のクラウド上での分析まで実施します。 実際のお客様の事例を示すことで、通常の顧客要件と、それらがどのようにCPU 24/7クラウドに実装されているかを学習します。 セキュリティ、パフォーマンス、ライセンス、およびクラウドとオンプレミスの運用コストの比較などの面について詳しく説明します。

REGISTER



オンデマンドクラウドWebキャスト

このウェビナーシリーズは、ANSYSをクラウドパートナーのコンピューティング環境で実行する場合に関連するすべての側面についてアドバイスすることを目的としています。臨時的なハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) のニーズへの対応や現在進行中のITデプロイメント戦略としてANSYSの実装をアウトソーシングするために、クラウドホスティングパートナーのソリューションを活用する方法について、解説します。インタラクティブなデスクトップワークロード、セキュリティ、ライセンス管理など、さまざまなトピックを取り上げます。

Nimbix Cloudで簡単にANSYSシミュレーションを大規模実行

Nimbixは、容量、スピード、簡潔さのために構築された純粋なハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) クラウドとして、お客様がANSYSシミュレーションを実行する上で求める品質を提供します。

Nimbix Couldを利用して、シミュレーションを迅速かつ簡単に大規模実行する方法について説明します。任意のデバイスからのアクセスのサインアップ、データのセキュアなアップロード、並列ソルバーの実行、前処理および後処理の実行など、すべてオンデマンドで、どれほど簡単に始められるかをご覧いただけます。すべての製品設計の課題を解決するために、Nimbix Couldを使用して、構造、流体、電子、マルチフィジックスを含むANSYSの製品ポートフォリオのすべてを実行する方法をご確認ください。

REGISTER FOR ON-DEMAND VIEWING


サービスとしてのCAE – ANSYSによる高度な数値シミュレーションのためのCPU 24/7 HPC Cloudへのアクセス

このウェビナーでは、CPU 24/7社のプロジェクトマネージャー、Christian Unger氏より、ANSYSソリューションで実行しているCAEシミュレーションをより直接的に監視または管理するために、CPU 24/7 CloudのリモートHPCリソースにセキュアに接続する方法をご説明いただきます。

HPCクラウドのユースケースを例として、CPU 24/7社のコンピューティングリソースにアクセスしてアプリケーションを起動する方法、クラウドで実行中の計算の監視方法や計算結果の分析方法、データを効率的かつセキュアに転送する方法を解説します。CPU 24/7社のHPCクラウドインフラストラクチャでANSYSソリューションのCAEシミュレーションを実行した場合に期待される性能とスケーラビリティ、お客様のデータがどこに置かれ、CPU 24/7社がどのようなセキュリティ対策をとっているかを、ご確認ください。

REGISTER FOR ON-DEMAND VIEWING


クラウドでANSYSを実行: Gompute HPCソリューション

企業はこれまで、エンジニアリングシミュレーションのニーズに応えるため、地理的に独立したローカルワークステーションやHPCクラスタに投資を行ってきました。現在は、ハードウェアへの投資を効率化するため、社内リソースとプライベートエンタープライズクラウド環境や社外のHPCクラウドサービスの統合など、新しいソリューションが検討されています。

プライベートCAEクラウドソリューションの構築方法、Gompute On-demandによる容量の拡大方法をご覧ください。Gomputeにより、ハイレイテンシのリンクや大量のデータ転送による3Dリモートビジュアライゼーションなどの機能を備えたクラウドでANSYSシミュレーションを実行できます。

REGISTER FOR ON-DEMAND VIEWING


オンデマンドでオンユアデスク: Penguin社のHPCクラウドと3Dリモートデスクトップ

LinuxベースのクラウドおよびHPCオープンソリューション開発のリーディングカンパニーであるPenguin Computing社は、特殊なハードウェア要件を持つ企業向けに、受注生産方式のカスタムサーバーソリューションを提供しています。同社のHPCソリューションは、従量課金制のオンデマンドでANSYSシミュレーションを実行するための優れたオプションです。

HPCクラウドプラットフォームPenguin Computing on Demand (POD) により、Penguin社のHPCのリソースを簡単かつセキュアに活用して、お客様のコンピューティング環境の補強や置き換えが可能になります。Penguin Computing社のエキスパートより、同社のScyld Cloud WorkstationによるANSYSソリューションのリモート3Dビジュアライゼーションのクラウド提供、標準的なWi-Fi接続とブラウザを介してグラフィックスをアクセラレートしたクライアントレスのリモートスーパーコンピューティングへのアクセスについて、ご説明いただきます。

REGISTER FOR ON-DEMAND VIEWING


Extreme FactoryでANSYS対応のサービスとしてのHPC

ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) は、製品設計プロジェクトで大規模モデルの高速シミュレーションを実行するための需要がありますが、すべての企業に自前のHPC設備を持つ余裕があるわけではありません。そこで、extreme factoryの出番です。フランス、パリ近郊にあるAtos Technologies社の子会社、Bull社が運営するextreme factoryは、完全なHPC-as-a-Service (サービスとしてのHPC) 製品であり、すべてのANSYSソリューションをクラウドまたはオンプレミスで実行する能力を備えています。

最新型CPUと高速InfiniBandインターコネクト搭載のbullxをベースとした、この非常にセキュアなオンデマンドHPCシステムについて説明します。ANSYSソフトウェアはextreme factoryにプレインストールされており、ライセンスはカスタマーインスタンスごとに簡単にインストールできます。便利でセキュアなWebポータルexterme factory Computing Studio (XCS) を介したアクセス、最適化済みのextreme factory remote visualizer (XRV) によるすべてのANSYSシミュレーションデータの簡単かつインタラクティブな前処理と後処理について、ご確認ください。

REGISTER FOR ON-DEMAND VIEWING


いつでも、どこでも: クラウドでANSYSをHPC利用

CADFEM Engineering Simulation Cloudは、Mechanical、CFD、Maxwell、LS-DYNAなどのANSYSソリューションに、柔軟性の高いインタラクティブ型3Dワークスペースを提供します。CADFEM Cloudでは、すべてのエンジニアが、世界中のどこにいても、必要な期間、追加のANSYS HPCリソースを柔軟に利用することができます。

CADFEM Engineering Simulation Cloudが超大規模モデルや多数の設計ポイントの解決にいかに有効であるかをご確認ください。Nice/DCVのサポート、簡単なセットアップと非常にセキュアなリモート接続により、前処理、シミュレーション、後処理で優れた3Dインタラクティブシミュレーション性能を達成することができます。

REGISTER FOR ON-DEMAND VIEWING


Amazon Web Services Cloudのエンタープライズレベルのシミュレーション

エンジニアリングシミュレーションのパブリッククラウドプラットフォームへの移行は、弾力性、ビジネスアジリティ (俊敏性)、グローバルアクセスの点で、非常に魅力的です。しかし、エンドツーエンドのシミュレーションプロセスの要件は実装が難しく、時間がかかり、明確なベストプラクティスに従う必要があります。 ANSYS Enterprise Cloudは、パブリッククラウド上のセキュアなシングルテナント環境で、完全なエンドツーエンドのワークフローに対応したANSYSプラットフォームを配信する、ユニークなソリューションです。このプレゼンテーションでは、グラフィックス、ハイパフォーマンスコンピューティング、データ管理とストレージに関するクラウドのベストプラクティスがターンキーソリューションとしてANSYSのお客様にどのように配信されるかをご覧いただけます。

REGISTER FOR ON-DEMAND VIEWING


HPCをデスクトップからクラウドへ

過去、ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) はスーパーコンピュータと関連したものでした。現在、HPCはデスクトップからクラスタ、クラウドコンピューティングリソースまでのあらゆるスケールで利用することができます。しかし、HPCには多くの誤解がつきまとっており、製品開発シナリオに活用すれば大きな価値を生み出すことは明確であるにもかかわらず、そのデプロイメントは進んでいません。

HPCの利用をこれまでよりもさらに容易かつパワフルにするANSYS 16.0の更新について、説明します。自前のコンピュータハードウェアをお持ちの場合でも、クラウドソリューションを採用する場合でも、HPCの利用を検討する際に、考えられる障害ポイントの回避に有効なインサイトを得ることができます。

REGISTER FOR ON-DEMAND VIEWING


エンジニアリングとITの上級管理職が知っておくべきクラウドでのエンタープライズレベルのシミュレーションのベストプラクティス

過去、ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) はスーパーコンピュータと関連したものでした。現在、HPCはデスクトップからクラスタからクラウドコンピューティングリソースまでのあらゆるスケールで利用することができます。しかし、HPCには多くの誤解がつきまとっており、製品開発シナリオに活用すれば大きな価値を生み出すことは明確であるにもかかわらず、そのデプロイメントは進んでいません。

エンジニアリングシミュレーションのパブリッククラウドプラットフォームへの移行は、弾力性、ビジネスアジリティ (俊敏性)、一貫性のあるツールへのグローバルアクセスの点で、非常に魅力的です。しかし、クラウドでのシミュレーションには独特の課題がいくつかあり、プロセスを効率化するにはベストプラクティスに従う必要があります。

このウェビナーでは、ANSYSのエンタープライズソリューション&クラウド担当VP、Ray Milhemより、グラフィックス、ハイパフォーマンスコンピューティング、データ管理、ストレージ、セキュリティのベストプラクティスについて説明します。ITの効率化とエンジニアリングシミュレーションツール/データへのグローバルアクセスの提供に興味をお持ちのシニアエンジニアリング/ITリーダーの皆様にとって、この情報はきっとお役に立ちます。パブリッククラウド上のセキュアなシングルテナント環境で、完全なエンドツーエンドのワークフローを実現するANSYSのユニークなエンタープライズクラウドソリューションの活用方法をご確認ください。

REGISTER FOR ON-DEMAND VIEWING

On-demand Cloud webcasts