ANSYS Pharos

ANSYS Pharos

電磁界クロストークの特定

ANSYS Pharosは、新技術による電磁界(EM)クロストークのネット/ブロックを特定するソフトウェアです。IC設計者は、自身の設計におけるEMや基盤クロストークの影響を受けやすいネットを迅速かつ正確に特定することができます。

Pharosは、ANSYSの類のない抽出エンジンの容量を独自のシミュレーションエンジンと組み合わせてEM解析を行い、ビクティムネットごとにEMクロストークのアグレッサになる可能性のあるものをランク付けします。設計担当者は、最も影響を受けやすいネットをハイライト表示させ、設計内の最も重要なネット上のEM解析に焦点を合わせます。

Pharosを使用する理由

Pharosでは、以下のことが可能です。

  • 非常に規模の大きなブロックと所要時間が最も高速なSoCの抽出
  • 大規模な設計ブロックの超高速解析
  • 迅速かつ簡単に設計上の判断を行ってEMクロストークを管理
  • 様々な動作条件に応じた、各種what-if解析による実験

電磁界や基盤のクロストークの影響を受けやすいネットを特定する

幅広い磁界干渉の範囲のもとで設計の複雑さが増えてくると、EMクロストークの影響を受けやすいビクティム/アグレッサネットの組み合わせを特定することは、不可能とは言わないまでも、かなり困難な作業になります。Pharosは、設計における電磁界のビクティムネットとアグレッサと想定されるものとの切り分けを行うために設計の解析を行います。ビクティムネットごとに最大のものから最小のものまで、EMクロストークのアグレッサと想定されるものをすべてランク付けします。

設計担当者は、Pharosによって以下のことが可能です。

  • ビクティムネットごとにその原因の可能性をすべて迅速に特定する
  • 重要なビクティム/アグレッサの組み合わせを特定する詳細なEM解析に焦点を合わせる
  • 周波数の各ポイントで回路シミュレーションを行い、EMクロストークのリスク範囲を特定
  • 正確な結果に基づいて、レイアウトまたは回路図のECOを発行して、クロストークの影響を最小限にする

ブロックレベルの解析とSoCのサインオフ

Pharosは、解析時のブロックレベルにもサインオフ時のSoCレベルのいずれにも適用されます。

ブロックレベルでは、Pharosはブロックまたはそのグループを解析して、EMおよび基盤のクロストークに関連するリスクの報告をビクティム/アグレッサの組み合わせで行います。これらのネットは、様々なブロックまたは設計階層の一部を構成することになります。

サインオフツールとしては、Pharosは、SoC全体を解析し、設計内の最も高感度な部品と非常に強く結合するEMクロストークのアグレッサネットごとにそのリスクを報告します。これらのネットは再設計のマーキングがされ、EMを考慮したサインオフECOを促進します。

複数の報告による設計プロセスのリスク軽減

Pharosによる報告としては、電磁界の影響を受けたビクティム/アグレッサネットの組み合わせのランク付けリストやクロストーク干渉値など様々なものが提供されます。報告書の本文はスクリプトを使用して、後処理されます。解析データをベースにしてより意味のある情報としてまとめられます。

Pharosはまた、レイアウト上にヒートマップとしてその結果を提供します。アグレッサのビクティムに対するEMクロストークの強度に応じたグラジエントを表示したり、2色のスケール(赤は高い結合性、青は、低い結合性を示す)でその原因のネットのパス/フェイルをハイライト表示します。