バッテリーシミュレーション

バッテリーの品質や性能は、耐用期間全体にわたって充電や温度により左右されるだけでなく、製造プロセスによっても影響される可能性があります。バッテリーの性能やライフサイクルを適切にコントロールするには、バッテリーの経年劣化に関する正確なモデリングが欠かせません。

バッテリーの耐用期間全体を通じて発生する不可逆的な物理的・化学的変化により、バッテリーの健全性が少しずつ損なわれる傾向があります。こうした変化を分析するための従来のエンジニアリング手法では、コストの高い、膨大な量の試行錯誤が必要でした。バッテリーのブレイクスルーを実現するには、R&Dが複数の分野(熱、機械的、電気化学的特性)およびスケール(個々の電極からバッテリーパック全体まで)に目を配る必要があります。完全なバッテリー開発プロセスには、CFDに加えて、構造解析、エレクトロニクス、システムを含むマルチフィジックスシミュレーションが必要です。

ANSYS CFDを使用すると、分子レベルからモジュールレベルまで、バッテリー性能をシミュレーションすることが可能になり、開発コストの削減と開発期間の短縮が実現されます。

  • 莫大なコストがかかる試行錯誤型の開発を減らし、設計サイクルを短期化
  • コスト、エネルギー密度、ライフサイクル、動作温度、安全性のトレードオフを最適化
  • クラス最高の物理特性を集めた1つの実用的な環境で、関連するすべての物理的な力に対応
メッシュ

電極粒子の表面のメッシュ

冷却チャネルのメッシュ

バッテリーの冷却チャネルのメッシュ

モジュール

リチウムイオンバッテリーモジュールのセルおよび冷却パックにおける温度分布

Battery simulation