無線周波数干渉

RFコサイト干渉は、共通環境に複数のRFシステムがある状況で、深刻な問題を提起します。最新のRFシステムはかなりのRFスペクトル (10KHz~100GHz以上) で動作し、大幅に異なる電力レベルと変調方式を使用します。民生用および軍事用のRFシステムは、帯域内と帯域外の両方の性能を指示する性能仕様に沿って設計されます。それにもかかわらず、仕様を満たしているRFシステム間にコサイト干渉が生じることがあります。アンテナ同士を接近して配置した場合は、受信機/送信機の、一見してわずかなエミッションまたは感受性が、高いカップリングレベルによる干渉の原因になることがあります。さらに、RF送信機の電力レベル、変調方式、高調波および非線型動作は、帯域内と帯域外の両方のスペクトル増大につながり、レシーバーのオーバーロードを引き起こすことがあります。一般に、レシーバーは帯域内と帯域外の感受性を持ちます。これはミキサー製品、位相ノイズおよびダイナミックレンジの問題であり、複雑なRF環境で的確に機能するかどうかを判断するためには、広帯域性能を考慮する必要があります。

ANSYS EMITを使用すると、問題の根本原因を特定する直感的なワークフローを通じて、複雑なコサイト干渉の問題を明確な方法で解析することができます。ハンドヘルドデバイスと大規模軍事システムのいずれでも、EMITは最もチャレンジングなコサイト干渉の問題の軽減に有効です。

Radio Frequency Interference