CADトランスレーター -- すぐれた相互運用性、レビューとアーカイブ

SpaceClaimは、すべてのエンジニアが既存のデータを生かして3Dとして製品を定義できるように既存のCADインフラに付加価値をつけます。SpaceClaimはほとんどのCADシステムからシームレスに2Dおよび3Dデータを開いて、それを編集し、JTのようなデジタルモックアップフォーマットから軽量の形状データを処理することができます。SpaceClaimは、外部のデータもあたかもSpaceClaim自身で作成したデータと同様に容易に編集することができます。SpaceClaimは、高精度で正確な3Dデータや2D図面を作成し、CADの詳細設計を指定できるので、可能な限り最も効率よくCADにデータを渡すことができます。すべてのエンジニアが3Dおよび2Dでやりとりできるため、モノリシックなCADプロセスに関わる無駄や、やり直し作業の大半をなくすことができます。

長所

  • 社内でのCAD作業が可能
  • CADでの後戻り作業などの無駄を排除
  • 複数のソースからの形状を統合し、マッチングすることで、必要なものを入手
  • 使いやすく、学習が容易ゆえに安価な総所有コスト(TCO)

特長

  • JT、STEP、3DPDFなどの元のフォーマットも含めた2D、3DのCADデータの読み取り
  • JT、CATIA v5およびSTEPなどの適切なCADのフォーマットにデータを書き込み
  • 元のデータにかかわらず、形状を編集して、CADチームで編集
  • 問題のある不完全な構造のモデルでもプッシュボタンの簡単なツールで修復
  • 大規模アセンブリーでも軽量並みにオープン
  • 顧客や同僚とリアルタイムで設計のレビューが可能
  • 3Dマークアップおよび図面を作成して、設計変更のやりとりが可能

対応フォーマット

モジュール 開く 保存
SpaceClaim Engineer  ACIS, AMF, DXF, DWG, IDF, IGES, OBJ, Rhino, SketchUp, STEP, STL, ビットマップ、ビデオ ACIS, Acrobat 2-D & 3-D (lightweight), AMF, DXF, DWG, IGES, KeyShot, PowerPoint, Rhino, SketchUp, STEP, STL, VRML, OBJ, XAML, XPS, ビットマップ、ビデオ
Data Exchange I CATIA v4, Inventor, Pro/ENGINEER, VDA-FS VDA-FS
Data Exchange II  NX, Parasolid, Solid Edge, SolidWorks Parasolid
CATIA v5 Data Exchange CATIA v5 CATIA v5
JT Open Data Exchange JT  JT
3D PDF Data Exchange  3-D PDF  3-D PDF

サポートフォーマットに関する詳細情報

Early Concept Design