無料のANSYS性能ベンチマークプログラム

電磁界、構造力学、または流体力学シミュレーションをスピードアップさせる最良のハードウェアソリューションをお探しですか。あるいは、自社ワークステーションとHPCシステムを比較した場合のシミュレーションモデルの解析性能に興味がありますか。

ANSYSは、HPCパートナー各社の協力のもと、ハードウェアとソフトウェアへの投資で最大の利益をもたらすハードウェアソリューションを見つけ出すお手伝いをいたします。

自社開発モデルに対するワークステーションのベンチマーク

このプログラムを使用することで、シミュレーション作業負荷に最も適した小規模HPCクラスターソリューションを見つけることができます。ANSYS CFX、Fluent、HFSS、Maxwell3D、またはMechanicalで実際に使用するモデルを提供していただくと、現在ご使用のワークステーション構成とHPCソリューションでのそれぞれの解析時間をレポートとして提示いたします。

ベンチマークの登録はこちらから

パートナー各社:

HPCシステムズ株式会社

日本ヒューレット・パッカード株式会社

ベンチマークプログラムについての補足事項

ANSYS 顧客対象のキャンペーンです。対象となるお客様は日本でライセンスを所有している必要があります。

お申込みフォームにご記入いただいた後、当社からご連絡差し上げますので、その際にお客様が比較対象としたい解析データをご提供いただきます。

データについての注意事項

必ず成功したシミュレーション解析の出力ファイルを含めてください。

  • CFXの場合は、(.def)とソルバーの出力ファイル(.out)をインクルードする必要があります。
  • Fluentの場合は、ケースファイル(.cas)とデータファイル(.dat)とトランスクリプトファイル(ないしは解析実行時に使用したジャーナルファイル)を含める必要があります。
  • Mechanicalの場合は、モデルと(solve.out)出力ファイルを含める必要があります。
  • HFSSおよびMaxwell 3Dの場合、モデル<profile name>.txtを含める必要があります(つまり、ソリューションデータダイアログのプロファイルタブからテキストファイルにデザインのシミュレーションプロファイルを出力する)。

出力ファイルは、インプットファイルに相当するもので、Fluent用のUDFのようなサブルーチン含めることはできません。

ベンチマークに必要な計算時間によっては、ご相談させていただくことがあります。バージョンについては基本的にR19.xにのみ対応とさせていただきます。

当キャンペーンにつきましては、1社あたり最大1種類のベンチマーク計測までとさせていただきます。

ANSYSのプライバシーポリシーについては、こちらをご覧ください。

お客様からお借りするデータにつきましては、アンシス・ジャパン、HPCシステムズ両社がベンチマーク計測作業のため使用させていただきます。

私は、Ansysおよび関連パートナーからの最新情報およびその他の案内の受信を希望します。私は、いつでも配信を停止することができます。  Ansys Privacy Notice