Skip to Main Content

      

ANSYS BLOG

June 7, 2021

モデルベースのシステムズエンジニアリングで複雑なシステムを設計する方法

 

製品開発プロセスの初期段階でシミュレーションを頻繁に行うことのメリットは明らかです。最終的に要件を満たせない設計に試作や時間を費やす前に、要件を確認し、設計案の検討を始めることができます。しかし、製品開発プロセスにおいて、様々なエンジニアリングチームが使用するシミュレーションツールをどのように統合するかは、明確ではないかもしれません。

この統合がなければ、要件を検証することも、性能、コスト、リスクのトレードオフを十分に評価することもできません。デザインを変更したときの大きな影響をどうやって知ることができるでしょうか。手動でコードを実行したり、その場しのぎのスクリプトを使用したりすると、時間がかかり、エラーが発生しやすくなります。特に、一つの判断ミスが成功と失敗を分けるような複雑な製品の場合、手動プロセスを使うことはトラブルの元になります。

 

非効率性をシャットダウンするオープンモデル

このような課題を解決するために、Ansysは、モデルベースエンジニアリング(MBE)およびモデルベースシステムズエンジニアリング(MBSE)を可能にする最高のソフトウェアであるModelCenterを開発したPhoenix Integration, Inc.を買収しました。

MBEは、デジタルモデルを活用してすべてのエンジニアリング活動を推進する、製品開発のための包括的なアプローチであり、システム要件の定義に始まり、製品のライフサイクル全体を通して行われます。MBEによってエンジニアは、エンジニアリングサブシステム間の相互作用と相乗効果を理解し、1つの部品やアセンブリの設計決定がシステム全体の動作にどのように影響するかを把握することができます。

MBSEでは、システムアーキテクチャモデルを使用して複雑性を管理し、進化し続けるシステム設計を記述するための唯一の真実の情報源として機能します。ModelCenterでは、システムモデルを複数の分野にまたがる解析ワークフローとリンクさせ、要件の検証やシステム設計の最適化を行うことができます。

 

ModelCenterソフトウェアスイートは、マルチツールワークフローの作成と自動化、製品設計の最適化、MBSEを実現するためのベンダーニュートラルなソフトウェアプラットフォームです。ModelCenterとAnsys Minervaを組み合わせることで、以下のような機能を提供し、MBEを実現します。

  • 解析モデルとエンジニアリングワークフローのライブラリの作成および管理
  • これらのワークフローや解析モデルについて、要求モデルや記述システムモデルとの接続
  • 異なるコンピュータやオペレーティングシステム間でワークフローを自動的に実行
  • マルチラントレードスタディの実行と「what-if」質問の実施
  • デザインスペースを可視化し、最適なデザインを見つける
  • 結果として得られたデータとメタデータをアーカイブ、管理、共有
  • トレーサビリティ、相互運用性、企業への展開

ModelCenter ソフトウェアスイートと Ansys Minerva を使用することで,エンジニアリングチームは,エンジニアリング設計と解析のプロセスで生成されたプロセス,モデル,入力データ,および結果と結論を記録,整理,共有することができます.これらの情報は、時間と直接コストを削減するだけでなく、エンジニアがシステムレベルで貴重な洞察を得ることを可能にし、企業の責任追及や製品の不具合、リコールを回避するのに役立ちます。

 

ツールとMBSEの連携

製品の設計・開発プロセスでは、エンジニアリングチームが様々な領域や分野の異なるツールを使用します。これらのツールのすべてが、オープンプラットフォームの手法で設計されているわけではありません。ModelCenter は、さまざまなベンダーのツールをワークフローに接続し、プロセス全体を可視化することで、開発コストの削減、エンジニアリング効率の向上、イノベーションの促進、競争力のある製品の設計を可能にします。

AnsysのSenior Vice President、Shane Emswilerはプレスリリースで次のように述べています。「プロセスインテグレーションとMBSEは、コミュニケーションの改善、製品品質の向上、エンジニアリングチームの生産性向上など、さまざまな業界の企業に恩恵をもたらしています。マーケットリーダーであるPhoenix Integration社の買収は、プロセス統合および設計最適化分野におけるDynardo社の買収を補完するものであり、当社の広汎なエンジニアリング戦略を推進する強力なMBEおよびMBSE製品を顧客に提供する能力を拡大するものです。Phoenix IntegrationがAnsysのチームに加わることを楽しみにしています」

Ansysができること

お問い合わせ

* = 必須項目

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

We’re here to answer your questions and look forward to speaking with you. A member of our Ansys sales team will contact you shortly.

フッター画像