ANSYS, Inc.の製品のような大規模で複雑なソフトウェアでは、エラーの発生を回避しようとしてもしきれない場合があります。非常に厳密な製品テストであっても、ANSYS 製品を出荷する前にすべての不具合を検出できるとは限りません。ANSYS, Inc.のポリシーとして、出来るだけ早く製品の不具合を修正し、お客様にエラーを通知して回避方法を提供するよう努めています。

不具合の報告およびエラーの解決

どなたでも、ANSYS 製品のエラーを報告することができます( ANSYS, Inc. の製品のエラー報告 )。エラーの報告や解決方法の発見が行われると、可能な限りの Defect Report(不具合レポート)を作成し始めます。Defect Report を作成する従業員は、お客様の ANSYS 製品のさまざまな利用可能性に基づいて、エラーの重大度の調査および評価を行います。次に、この Defect Report は、さらに詳細な調査とエラー修正を担当する開発グループまたはドキュメンテーション グループに送られます。この修正プロセスの間、ANSYS の不具合追跡システムは、エラー報告の全ステータスを引き続きモニターします。お客様がエラーを報告した場合、Defect Report の作成者からお客様に対して、エラー解決時に通知が行われます。

明確な不具合ではないけれども、不正な結果をプログラムに起こさせる可能性がある、Class3 のエラーについては即座に通知を出します。Class3のエラーの調査と修正の担当者は、Class3 Error Report を作成します。正規のコード レビューアが Error Report とこれに関連するプログラムおよびドキュメントを調査し、エラーが修正されたことを確認します。次に、技術的に適格な別の Corporate Quality スタッフ メンバーが Class3 Error Report を再確認します。Corporate Quality Manager または任命された者は、Class3 Error Report の再確認および承認を行い、すべての ANSYS 製品の商用ライセンス所有者、Class3 エラー通知サービス、Quality Assurance Services に E-mail または Web ポスティングで送付されます。

弊社の Quality Assurance Agreement の所有者に対して、Class3 Error Report を作成後 2 営業日以内に送付し、さらに、各四半期の終わりに Certified Mail(配達証明郵便)で送付します。また、すべての Class3 Error Report を作成完了後 2 営業日以内に、ANSYS 社のホーム ページの Customer Area にも掲載します。さらに、Summary Class3 Error Report もこちらに掲載します。ANSYS, Inc.の Class3 Error Reports サービスを受けるための詳しい情報については、Bonny Podolek までお問い合わせください(E-mail: bonny.podolek@ansys.com)。 Corporate Quality Manager は、Class3 Error Report だけでなく Quality Assurance Notice を適宜発行します。これらには、すべての ANSYS 製品ユーザーにとって有益だと思われる情報が含まれています。

特別バージョン

ANSYS 製品の次のリリースまでの間に、エラーがお客様に与える影響を最小限にするために、お客様から要望のあったエラー修正を含む特別バージョンの製品を不定期でリリースします。この特別バージョンには、ハードウェアや OS の変更に対応した、システム固有のプログラム修正が含まれている場合があります。特別バージョンがお客様に出荷される前に、Corporate Quality 部門がこのすべての特別バージョンを承認し、合否判定基準を満たしていることを保証します。