ANSYSのシミュレーション技術、フェラーリにWECでの勝利をもたらす

ピッツバーグ、2017年12月5日– ANSYS (NASDAQ: ANSS) の自動車用エンジニアリングシミュレーション技術を用いて、フェラーリはFIA世界耐久選手権(WEC)でのマニュファクチャラーズチャンピオンシップとドライバーズチャンピオンシップのタイトル、ならびにチームトロフィーを獲得しました。

           

フェラーリは、ANSYSの数値流体力学(CFD)ソリューションを用いてクラス最強の耐久性を伴う空力性能を確保し、5度目のコンストラクターズタイトルと総合では24位を獲得しました。フェラーリのエンジニアは、ANSYSのソリューションを使ってダウンフォースを最大にし、タイヤの劣化を最小にし、車両周りの空気の流れを最適化して主要なコンポーネントを最適な温度範囲に保つことができましたが、これらの要素は競争相手を凌ぐために非常に重要なものです。

「WECでの6時間から24時間にもわたるレースにおいて勝利し、チェッカーフラグを受けるためには、車両のスピードと信頼性が重要な要素です。ANSYSにより、私たちのチームはラップごとに多くのコンフィギュレーションを迅速に試験し、それにより正確な判断を行うことができ、リアルタイムでスピードと信頼性を改善することができました。」(フェラーリコンペティツィオーネGT、テクニカルコーディネーター、Ferdinando Cannizzo氏)

          

「私たちのチームは20年以上もフェラーリと協力し、フェラーリの革新性と高性能への追及姿勢に常に感銘を受けてきました。ANSYSのシミュレーション技術とフェラーリの世界最強クラスのクルマとドライバーが結びつき、トラック上で限りない力を生み出してきましたが、これからもさらに多くのトラックでともにレースをするのを楽しみにしています。」(ANSYS、インダストリマーケティングディレクター、Sandeep Sovani)

ANSYS について

ロケットの打ち上げをご覧になったり、飛行機で空を旅したり、車を運転したり、橋を渡ったり、PC を使ったり、モバイルデバイスの画面にタッチしたり、あるいはウェアラブルデバイスを身に付けたりされたご経験はおありでしょうか。それらの製品は、ANSYS のソフトウェアを使って生み出されたものかもしれません。ANSYS は、工学シミュレーションの世界的リーディングカンパニーとして、今までにない優れた製品の誕生に貢献しています。最高水準の機能と幅広さを備えた工学シミュレーションソフトウェアの提供を通じ、ANSYS は、最も複雑な設計上の課題であっても解決を支援し、製品設計の可能性を想像力の限界まで押し広げています。1970年に設立されたANSYSは、数千人のプロフェッショナルを擁し、その多くは有限要素法解析、数値流体力学、エレクトロニクスおよび半導体、組込みソフトウェア、設計最適化などのエンジニアリング分野で博士号、修士号を取得しています。本社を米国のピッツバーグ南部に置くANSYS は、世界中に75ヵ所以上の戦略的販売拠点を有するとともに、40ヵ国以上のチャネルパートナーとネットワークを築いています。詳細は、www.ansys.com をご覧ください。

シミュレーション関連の情報については、www.ansys.com/About-ANSYS/social-media をご覧ください。

ANSYS、ならびにANSYS, Inc. のすべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、ロゴ、標語は、米国およびその他の国におけるANSYS, Inc. またはその子会社の商標または登録商標です。その他すべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。

アンシス・ジャパン株式会社(ANSYS Japan K.K.)は、米国ANSYS, Inc. 100%出資の日本法人です。ANSYS, Inc.のCAEソフトウェアを日本で販売し、あわせてサービス、サポート体制を確立するために設立されました。

ANSS-T

Contact

Media
Mary Kate Joyce
724.820.4368
marykate.joyce@ansys.com

Investors
Annette Arribas, CTP
724.820.3700
annette.arribas@ansys.com

お問い合わせ・資料請求・資料ダウンロードのお申し込みはこちら

お問い合わせ・資料請求
お問合せ

本ウェブサイトでは、お客様により便利にご覧いただくために、Cookie(クッキー)を使用しています。 本ウェブサイトをご利用する場合、お客様には当社のCookie ポリシーに同意していただきます。これに同意できない場合には、お客様のブラウザの設定でクッキーの機能を無効にしていただきますようお願いいたします。