ANSYS、革新的なシミュレーション技術により製品開発のためのデジタルエクスプロレーションを大きく変革

すべてのエンジニアが、これまでにない速度と使い易さを実現したシミュレーションが可能に

ピッツバーグ、201797 - エンジニアは、ANSYSNASDAQ:ANSS)が提供する新しい最先端技術を用いて、迅速に設計オプションを検討し、瞬時に正確なシミュレーション結果を得ることができるようになりました。本日テクノロジープレビュー版として公開されたANSYS® Discovery LiveTMは、エンジニアリングシミュレーションの速度と使い易さを大きく進展させ、すべてのエンジニアにとってデジタルエクスプロレーションが可能となり、より優れた製品をより早く、そしてより低コストで設計できるようになります。

IoT、高度な電化、付加製造(アディティブマニュファクチャリングが進む現代において、シミュレーションは最も重要な技術の1つですが、今でも専門技術者の領域であり、その使用範囲は主にもっとも複雑なエンジニアリングプロジェクトに限られています。ANSYSは、設計プロセスの初期段階で、すべてのエンジニアが強力なシミュレーションツールの恩恵を受けられるように、エンジニアリングシミュレーションの活用拡大(Pervasive Engineering Simulation™を目指しています。従来のエンジニアリングシミュレーションソリューションでは、デジタルプロトタイプの設定から実行、解析に数日、数週間あるいは数ヶ月掛かっていましたが、Discovery Liveを用いると、誰でも瞬時に設計変更の影響を調べることができます。設計の初期段階で「こうしたらどうなるだろうか(what-if )」を考え、何千もの設計オプションを検討し、瞬時にフィードバックを受け取ることができます。これにより、設計変更の影響をデジタルで検討可能になり、迅速にその結果を得ることができます。

Discovery Liveの革新的な技術により、すべてのエンジニアがリアルタイムのシミュレーションを手にすることができます。大きく進歩した使い易さも加わり、真のデジタルな実験が可能となります。これにより、製品開発が根本的に変革されます。設計プロセス初期段階でのシミュレーションを可能にすることで従来のプロセスを一新し、多くのエンジニアがシミュレーションの力を享受できるようになります。」(ANSYSVice President兼ゼネラルマネージャー、Mark Hindsbo

ANSYSは、グラフィック処理ユニット(GPU)の超並列的特性に基づいた新しいシミュレーション技術の確立を目指して、革新的な研究開発を精力的に続けています。スーパーコンピュータの機能を提供するNVIDIA GPUと、Discovery Liveの革新的なエンジニアリングシミュレーションが結び付くことによって、従来の手法の数千倍の速度で結果を得ることが可能です。この技術と、約50年にわたるANSYSのシミュレーション手法に関する経験と検証およびベストプラクティスとが結合され、シミュレーションに慣れていない人でも直感的にソフトウェアを使うことができるようになりました。

「世界中の設計者、科学者およびエンジニアは、最終製品とプロジェクトを正確に予測する上でANSYSを信頼しています。ANSYSDiscovery Liveは、NVIDIA GPUCUDA並列計算の能力を引き出し、可視化とシミュレーションを同時に可能にする、これまでにはないリアルタイムの設計環境を構築します。当社はANSYSと長年にわたり協業してきましたが、これをさらに続けて先進的な新しい製品を設計し、創造する手法を革新していきたいと考えています。」(NVIDIA社、Professional VisualizationVice PresidentBob Pette氏)

Discovery Liveは、流体、構造および熱シミュレーションアプリケーションをサポートしており、エンジニアは設計のアイデアを試験し、瞬時にフィードバックを見ることができます。ユーザーは、設計しながら最初の解析を実行し、その後3次元モデルで反復設計を行い、単純な、または複雑な変更の影響をインタラクティブに検討できます。Discovery Liveの環境により、形状モデリングと直接結びついたシミュレーションの結果をすぐに得ることができ、インタラクティブな設計検討、革新的製品の迅速な設計が可能になります。

ANSYS Discovery Liveは非常に使い易い新しいツールで、より迅速に行動し、新しいことを学び、そしてより革新的になる手助けをしてくれます。このツールでは複数の物理場を扱え、結果がすぐに得られることから、”what if” の検討に対してもすぐに解を得ることができます。これによって、優れた製品をより迅速に開発するというゴールに向けて、より多くの人がシミュレーションに携わることができるようになります。当社は、解析主導の設計を進めており、Discovery Liveはこの領域で我々をさらに前進させてくれると考えています。我々はこの技術に非常に感銘を受け、そしてこの技術を世界中のすべての異なるビジネスにも展開していきたいと考えています。」(Cummins社、構造力学解析部門長、Bob Tickel氏)

Discovery Liveのテクノロジープレビュー版は以下からダウンロードすることができます。

www.ansys.com/discovery/.

ANSYS について

ロケットの打ち上げをご覧になったり、飛行機で空を旅したり、車を運転したり、橋を渡ったり、PC を使ったり、モバイルデバイスの画面にタッチしたり、あるいはウェアラブルデバイスを身に付けたりされたご経験はおありでしょうか。それらの製品は、ANSYS のソフトウェアを使って生み出されたものかもしれません。ANSYS は、工学シミュレーションの世界的リーディングカンパニーとして、今までにない優れた製品の誕生に貢献しています。最高水準の機能と幅広さを備えた工学シミュレーションソフトウェアの提供を通じ、ANSYS は、最も複雑な設計上の課題であっても解決を支援し、製品設計の可能性を想像力の限界まで押し広げています。1970年に設立されたANSYSは、数千人のプロフェッショナルを擁し、その多くは有限要素法解析、数値流体力学、エレクトロニクスおよび半導体、組込みソフトウェア、設計最適化などのエンジニアリング分野で博士号、修士号を取得しています。本社を米国のピッツバーグ南部に置くANSYS は、世界中に75ヵ所以上の戦略的販売拠点を有するとともに、40ヵ国以上のチャネルパートナーとネットワークを築いています。詳細は、www.ansys.com をご覧ください。

シミュレーション関連の情報については、www.ansys.com/About-ANSYS/social-media をご覧ください。

ANSYS、ならびにANSYS, Inc. のすべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、ロゴ、標語は、米国およびその他の国におけるANSYS, Inc. またはその子会社の商標または登録商標です。その他すべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。

アンシス・ジャパン株式会社(ANSYS Japan K.K.)は、米国ANSYS, Inc. 100%出資の日本法人です。ANSYS, Inc.のCAEソフトウェアを日本で販売し、あわせてサービス、サポート体制を確立するために設立されました。

ANSS-T

Contact

Media
Amy Pietzak
724.820.4367
amy.pietzak@ansys.com

Investors
Annette Arribas, CTP
724.820.3700
annette.arribas@ansys.com

ANSYSへのお問い合わせは、以下をクリックしてください

お問い合わせ先
Contact Us
お問合せ