AVSimulation社とANSYS、自動車メーカーの安全な自動運転の開発を加速

戦略的パートナーシップにより、仮想試験を用いた自動運転車の設計と検証が促進され、一週間に何百万マイルものデジタルロードテストが可能に

ピッツバーグ、2019年6月25日 – AVSimulation 社と ANSYS (NASDAQ: ANSS)の戦略的なパートナーシップにより、次世代自動運転車(AV)の設計がより早く、より安全にそしてより安価に行えるようになります。この協業により、AVSimulation社の革新的なシミュレーション技術とANSYSの没入型自動運転シミュレーションソリューションが統合され、自動車メーカーが自動運転車を市場へ投入する時期を大幅に早めることができます。

自動運転の厳しい安全基準を満たすためには、自動運転車とそれを取り巻く環境、交通量、天候等とのすべての複雑な関わり合いに関しての何百万ものシナリオで試験を行い検証することが求められています。この試験では、試作車での何十億マイルもの徹底的な実走行試験が必要となり、長期にわたる開発期間と膨大なコストがかかります。

この実際の試作車による試験とそれに要する時間を大きく削減するために、OEM各社は物理ベースのシミュレーションに仮想現実機能を連携させるためにANSYSの最新の没入型ソリューションの一つである ANSYS® VRXPERIENCE®を活用しています。これにより、エンジニアは一日で何百万マイルにもわたる仮想の試験走行を行ない、日々の運転条件でのAVシステムと車両性能を検証し確認することができます。VRXPERIENCEには、HMI試験、レーダー、LIDAR、カメラ、超音波等の物理的センサーシミュレーション、組込みソフトウェア制御の統合、ヘッドランプシミュレーションがあり、シミュレーションデータの管理とシステムの安全性解析機能とリンクしています。

実績のあるAVSimulation社の SCANeR™ Studio 製品にドライビングシミュレータモジュールとしてのVRXPERIENCEを組み込むことにより、非常に現実に近いバーチャルワールドを創るオープンかつスケーラブルなモジュール型のシミュレーションソリューションとなります。これによってMicrosoft Azure等のハイパーフォーマンスクラスターやパブリッククラウド上で多くの変数を有する何千もの運転シナリオでのシミュレーションが可能となります。SCANeR™には、高精度マップやアセットライブラリから作成される道路、交通状況、天候状況、ビークルダイナミクス等が組み込まれています。

「自動運転車の安全確保には仮想プロトタイピングと大規模なシミュレーションが不可欠です。AVSimulation社のSCANeR Studio技術により、ルノー社のチームは開発サイクル全体を通じて同じプラットフォームを活用しながら、自動運転システムの設計、シミュレーション、試験を行い、何百万もの運転シナリオで自動車の安全性を検証することができます。この契約は、新しいANSYS VRXPERIENCEを介してSCANeRが世界中で活用されることを促進し、実走行試験を減らし市場への投入時間を短縮し、安全性を確保します。」(ルノー社、CAE&PLM統合エンジニアリング部門、副社長、Olivier Colmard氏)

「自動運転の実現は、Henry Fordが工業生産を革新して以来の自動車の歴史における大きな変革をもたらし、このパートナーシップはAVによる革新を大きく前進させるものです。VRXPERIENCE とSCANeRは、自動車業界において革新的な高信頼性、高効率のAVシステム設計のレベルを高めました。(AVSimulation社、CEO、Emmanuel Chevrier氏)

「無限の可能性をもたらしたSCANeRドライビングシミュレータとVRXPERIENCEの組み合わせにより、私たちのOEM、Tier1、Tier2のお客様はレベル3からレベル5のAVの開発、調整、認証を早めることができます。このパートナーシップにより、AVSimulation社とANSYSは技術の幅と深さを大きく拡大し、自動車メーカーは開発コストを大幅に削減させAVの市場投入を早めることができます。」(ANSYS、副社長兼システムビジネスユニットジェネラルマネージャー、Eric Bantegnie)

ANSYSについて
ロケットの打ち上げをご覧になったり、飛行機で空を旅したり、車を運転したり、橋を渡ったり、PCを使ったり、モバイルデバイスの画面にタッチしたり、あるいはウェアラブルデバイスを身に付けたりされたご経験はおありでしょうか。それらの製品は、ANSYSのソフトウェアを使って生み出されたものかもしれません。ANSYSは、工学シミュレーションの世界的リーディングカンパニーとして、今までにない優れた製品の誕生に貢献しています。最高水準の機能と幅広さを備えた工学シミュレーションソフトウェアの提供を通じ、ANSYSは、最も複雑な設計上の課題であっても解決を支援し、製品設計の可能性を想像力の限界まで押し広げています。1970年に設立されたANSYSは、本社を米国のペンシルバニア州ピッツバーグ南部に置いています。 詳細は、 www.ansys.comをご覧ください。

ANSYS、ならびにANSYS, Inc.のすべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、ロゴ、標語は、米国およびその他の国におけるANSYS, Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。その他すべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。

アンシス・ジャパン株式会社(ANSYS Japan K.K.)は、米国ANSYS, Inc. 100%出資の日本法人です。ANSYS, Inc.のCAEソフトウェアを日本で販売し、あわせてサービス、サポート体制を確立するために設立されました。

AVSimulation社について
2017年に創立されたAVSimulation社は、Oktal社とルノー社の合弁事業会社であり、25年にわたるシミュレーションの経験と自動車分野での高い技術を有効に活用しています。AVSimulation社は、先進の自動運転車のプロトタイピング、開発、検証およびAIトレーニング向けSCANeR™等のソフトウェアから革新的なシミュレータまでの一貫したシミュレーションソリューションのリーディングプロバイダーです。

SCANeR™は、機能モデリングから完全なフィジカルモデリングまでのビークルダイナミクス,ドライバー,センサーや 環境 (道路, 交通状況,天候) 用の最新のモデルを持つオープンなモジュラー型プラットフォームで、世界中で百社以上のお客様に使用されています。

市場投入期間のさらなる短縮の実現に向けて、AVSimulation社は、お客様がより安全でより高性能な自動運転車開発レースで勝利できるように助言と支援を行っています。フランスのBlagnacに本社を置き、米国、ミシガン州のRochester Hillsとパリ近郊のBoulogneに事務所を持つAVSimulation社は、安全で高性能な自動運転車開発レースに勝利するための最良のパートナーです。

詳細は www.avsimulation.fr をご覧ください。

ANSS-C

Contact

Media
Mary Kate Joyce
724.820.4368
marykate.joyce@ansys.com

Investors
Annette Arribas, IRC
724.820.3700
annette.arribas@ansys.com

ANSYSへのお問い合わせは、以下をクリックしてください

お問い合わせ先
Contact Us
お問合せ