Richard Childress Racing(RCR)、ANSYSと協力してレーシングカーのスピードを向上

複数年にわたるパートナーシップ契約で、RCRの空力とエンジニアリングプログラムが急速に進展

ピッツバーグ、2018年2月15日Richard Childress Racing (RCR) は、レースタイムをさらに短縮するために ANSYS (NASDAQ: ANSS)と新たに複数年のパートナーシップ契約を結びました。RCRはANSYSのPervasive Engineering SimulationTM(エンジニアリングシミュレーションの活用拡大)ソフトウェアを最大限に活用してレーシングカーのデジタルツインを構築し、マシンの性能をより正確に把握してレースにおける車両のスピードを向上していきます。

レースでは数分の一秒が勝者を決めるため、NASCARモンスターエナジーカップシリーズのチームは、高い競争力を維持するために常にスピードを向上していかなければなりません。2018 シボレーカマロ ZL1 のデジタルツインにより、RCRのエンジニアは、実際には殆ど試験できないレース環境でレーシングカーがどのような挙動をするかをより正確に把握することができます。実際の車に取り付けられたセンサーとアクチュエータを用いてデジタルツインが構築され、データ収集、リアルタイムの分析モニタリングや予知メンテナンス試験が可能となり、それによりレースに先立ってエンジニアが車両の性能を最適化することができます。

RCRは、ANSYSのマルチフィジックスシミュレーションソフトウェアを用いて今シーズンにデビューするシボレーカマロZL1を開発し、性能を向上させてきました。ANSYSの協力を得て、RCRは車両の抵抗を減らし、構造コンポーネントとサスペンションを最適化し、スピードを向上しました。この拡張されたパートナーシップを通じて、RCRのエンジニアと空力チームは、従来の試験方法に比べて、高価な風洞試験の時間を大きく短縮し、空力性能を向上させ、車両をさらに改良することができるでしょう。

「すべてのレーシング局面でシミュレーションを実施できることで、当社の競争力が非常に高まっています。ANSYSとのパートナーシップにより、当社は真のデジタルツインを有効に活用し、性能向上と効率向上の新しいベンチマークを打ち立てることができるでしょう。」(RCR、チーフテクノロジーオフィサー、Eric Warren博士)

「RCRはレーストラック内外におけるイノベーションの真のパイオニアです。デジタルツインを構築すれば、正確で洞察力に富む信頼性の高い結果を得ることができ、レースシーズンを通じて週ごとに性能を高めていくことができます。レーシングカーのライフサイクル全体にわたってANSYSのPervasive Engineering SimulationTMソフトウェアを最大限に活用することにより、RCRは車の性能をさらに高め、より速く、より安全にレースを行うことができるでしょう」(ANSYS、Vice President兼構造・流体・エレクトロニクス部門ゼネラルマネージャー、Shane Emswiler)

ANSYSは、40以上の企業グループと技術グループからなるRCRファミリーの一員に加わりました。これらのグループには、Dow、Zeiss Industrial Metrology and Microscopy、PTC、Okuma America、Roland DGA、Lucas Oilが含まれています。

Richard Childress Racingについて
Richard Childress Racing(rcrracing.com)は、広く名の知られた性能主導のレーシング、マーケティング、製造チームです。1969年に設立されたRCRは、200以上の勝利と17のチャンピオンシップを獲得し、この中には伝説的ドライバーDale Earnhardtを擁したモンスターエナジーNASCARカップシリーズでの6勝があります。RCRは、NASCARカップシリーズ、NASCAR XFINITYシリーズおよびNASCARキャンピングワールドトラックシリーズのチャンピオンシップを獲得した最初のチームです。その2018カップシリーズのドライバーは、2度のNASCARチャンピオンかつ2017 Coca-Cola 600の勝者であるAustin Dillon(Dow/Americanエタノール/AAAシボレー 3号車)と、2008 Daytona 500のチャンピオンかつ2013 Brickyard 400の勝者であるRyan Newman(Caterpillar/Grainger/Bass Pro Shops & Cabela’s/Liberty National シボレー31号車)です。XFINITYシリーズのプログラムは、シボレー3号車でのAustin Dillon、Ty Dillon、Jeb Burton、Shane LeeおよびBrendan Gaughanのマルチドライバーラインアップ、RCRでの一年目のドライバーMatt Tifft(Nexteerシボレー2号車)およびXFINITYシリーズ2年目のドライバーのDaniel Hemric(South Point Hotel & Casinoシボレーの21号車)となっています。

ANSYSについて
ロケットの打ち上げをご覧になったり、飛行機で空を旅したり、車を運転したり、橋を渡ったり、PCを使ったり、モバイルデバイスの画面にタッチしたり、あるいはウェアラブルデバイスを身に付けたりされたご経験はおありでしょうか。それらの製品は、ANSYSのソフトウェアを使って生み出されたものかもしれません。ANSYSは、工学シミュレーションの世界的リーディングカンパニーとして、今までにない優れた製品の誕生に貢献しています。最高水準の機能と幅広さを備えた工学シミュレーションソフトウェアの提供を通じ、ANSYSは、最も複雑な設計上の課題であっても解決を支援し、製品設計の可能性を想像力の限界まで押し広げています。1970年に設立されたANSYSは、数千人のプロフェッショナルを擁し、その多くは有限要素法解析、数値流体力学、エレクトロニクスおよび半導体、組込みソフトウェア、設計最適化などのエンジニアリング分野で博士号、修士号を取得しています。本社を米国のピッツバーグ南部に置くANSYS は、世界中に75ヵ所以上の戦略的販売拠点を有するとともに、40ヵ国以上のチャネルパートナーとネットワークを築いています。詳細は、 www.ansys.com をご覧ください。

シミュレーション関連の情報については、 www.ansys.com/Social@ansys.com をご覧ください。

ANSYS、ならびにANSYS, Inc.のすべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、ロゴ、標語は、米国およびその他の国におけるANSYS, Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。その他すべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。

アンシス・ジャパン株式会社(ANSYS Japan K.K.)は、米国ANSYS, Inc. 100%出資の日本法人です。ANSYS, Inc.のCAEソフトウェアを日本で販売し、あわせてサービス、サポート体制を確立するために設立されました。

ANSS-C

Contact

Media
Mary Kate Joyce
724.820.4368
marykate.joyce@ansys.com

Media
Patrick Budd
Richard Childress Racing
Corporate Communications Manager
336.731.3334 x3816
pbudd@rcrracing.com

Investors
Annette Arribas, CTP
724.820.3700
annette.arribas@ansys.com

ANSYSへのお問い合わせは、以下をクリックしてください

お問い合わせ先
Contact Us
お問合せ