ANSYSと共に高く飛翔する:ANSYS、航空宇宙分野でのマイルストーンを確立

重要な機器の安全規格を満たすために、メーカーは100以上の認証された航空宇宙アプリケーションにANSYSを使用

ピッツバーグ、2017年4月11日 – コックピットのヘッドアップディスプレイからランディングギアのより容易な操作に至るまで、ANSYS®(NASDAQ:ANSS)のエンジニアリング組込みコードソフトウェアにより、航空機の安全性がさらに高まっています。メーカーは、100以上の航空宇宙分野の認証アプリケ―ションで、組込みコードの設計、シミュレーション、生成および試験にANSYSを使用しています。このアプリケーションの数は、他のどのエンジニアリングソフトウェア企業よりも多くなっています。ANSYSのソフトウェアを使用することで、より多くの企業がより早く認証を取得し、市場への投入時間を加速させることができるようになります。

組込みコードはますます複雑になり、製品の複雑性とリスクも増しています。製造業者は、性能目標を満たし産業規格に適合し、重要な機器が安全規格を満たすことを確保しなければなりません。企業は、組込みソフトウェア向けのANSYSの認証されたソリューションを用いて、DO-178BやDO-178Cで認証された100以上の航空宇宙アプリケーションの組込みコードの設計、シミュレーション、生成および試験を行っています。この規格は、安全重視の機器が厳しい安全基準を満たすことを保証し、アメリカ連邦航空局、欧州航空安全局、中国民用航空局、カナダ運輸省等の世界中の政府機関によりその適用が指示されています。

「このマイルストーンに近づいているエンジニアリングシミュレーション企業は、他にはありません。我々の推定では、数千機の航空機がANSYS SCADEで生成されたコードを搭載して飛んでいます。ANSYSのソリューションを導入したお客様は、国際規格を満たし、組込みコードの開発プロセスを加速させ、最終的には認証取得コストが削減される等のいくつもの大きな収穫を得ています。ANSYSはまた、コードが持つべき性能を確実に得るために必要となる、すべてのツールを提供します。」(ANSYS System Business Unit、Vice President、Eric Bantegnie)

ANSYSソリューションを用いて認証されたアプリケーションは、デジタル電子制御装置(FADEC:Full Authority Digital Engine Control)、ブレーキ、ランディングギアシステム、フライトコントロール、コックピット、ヘッドアップディスプレイ、出力管理システム、地上ステーションおよびミッションシステム等、あらゆる航空宇宙ならびに防衛用アプリケーションに及びます。マニュアルコード開発手法を用いた場合には、それぞれ独自のアプリケーションにおいてコンセプトフェーズから認証に至るまでに最大5年の期間を要します。ANSYSは国際規格を満たし、ANSYSの認証された組込みソフトウェアツールを採用する企業は2倍のスピードでより早く認証が得られ、組込みソフトウェア開発と認証取得のための全体のコストを50%削減できます。

「開発の最終段階で要求事項が変わると、ヒューマンエラーによりスケジュールの遅れとコストの増加が生じることが分かりました。ANSYSのモデルベースの設計は、製品品質を向上させ、かつコストも削減します。私たちは、ANSYSを使用することで、3番目のプロジェクトでツールセットへの投資回収を計画していましたが、最初の2つのプロジェクト完了時点で、コスト回収を達成しました」(Meggitt USA社、ソフトウェアエンジニアリンググループ Vice President、Raviraj Shivappa氏)

ANSYS について

ANSYS は、エンジニアリングシミュレーションの分野で世界をリードしています。ANSYS 製品は、高い速度・精度・信頼性を誇る幅広いシミュレーションツールにより、お客様が直面する非常に複雑な設計問題の明確化と洞察を可能にします。ANSYSの技術は、あらゆる業界の企業が、高品質で革新的かつ持続可能な製品を短期間で設計することを想像できるようにするものです。1970 年に設立されたANSYSは、数千人のプロフェッショナルを擁し、その多くは有限要素解析、数値流体力学、エレクトロニクスおよび電磁気学、組み込みソフトウェア、システムシミュレーション、設計最適化などのエンジニアリング分野で博士号、修士号を取得しています。本社を米国のピッツバーグ南部に置くANSYS は、世界中に75ヵ所以上の戦略的販売拠点を有するとともに、40ヵ国以上のチャネルパートナーとネットワークを築いています。詳細は、www.ansys.com をご覧ください。

また、ANSYSは主要なソーシャルチャネルで確固たる地位を築いています。シミュレーション関連の情報については、www.ansys.com/Social@ANSYS をご覧ください。

ANSYS、ならびにANSYS, Inc. のすべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、ロゴ、標語は、米国およびその他の国におけるANSYS, Inc. またはその子会社の商標または登録商標です。その他すべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。

アンシス・ジャパン株式会社(ANSYS Japan K.K.)は、米国ANSYS, Inc. 100%出資の日本法人です。ANSYS, Inc.のCAEソフトウェアを日本で販売し、あわせてサービス、サポート体制を確立するために設立されました。

ANSS-T

Contact

Media:
Amy Pietzak
724.820.4367
amy.pietzak@ansys.com

Investors
Annette Arribas, CTP
724.820.3700
annette.arribas@ansys.com

お問い合わせ・資料請求・資料ダウンロードのお申し込みはこちら

お問い合わせ・資料請求
お問合せ