産業機器および回転機械

エネルギー価格の高騰や需給の変動が原因で、エネルギー効率が最新の産業機器やターボ機械の基本要件になっています。その焦点となるのが、適用事例に応じた、燃料消費の削減や機械効率の向上です。目標を達成するため、開発者は、機械性能のあらゆる側面の改善に注目しています。

機械効率の改善によって通常、炭素排出量は減少しますが、エンジニアはNOxSOx、未燃炭化水素、すすなどの排出にも対処する必要があります。機械のサイクル数の増加、非設計点での運転、複数燃料の燃焼に伴い、排出目標の達成はさらに困難になっています。

Applications

燃料消費の削減、機械効率の向上

燃料消費の削減や産業機器の効率化を実現するため、開発者は機械性能に影響を及ぼす可能性がある、あらゆる構成部品(タービン、コンプレッサー、燃焼器、吸排気系など)や物理場(空力/水力、熱、燃焼、構造および動力学の効果など)に注目しています

詳細

耐久性、信頼性の改善

燃焼温度が高くなれば、製品寿命が短くなる可能性があります。適切な熱管理の手法を採用すれば、有害な影響を緩和できます。

詳細

排出の削減

炭素排出量の削減には、機械効率の向上が必要とされ、多くの場合、高温での燃焼が求められます。

詳細

機械の動作範囲の拡大

産業機器業界は、ターボ機械の性能を限界まで引き出す取り組みを進めています。優れた信頼性と効率性を両立させながら、さらに広範な動作範囲で、性能低下を最小限に抑制しながら動作することが求められています。

詳細

Segments

圧縮と気体移送

自動車、化学プロセス、石油・ガス、およびHVACの分野におけるターボ機械のサプライヤにとって、消費電力の削減は差し迫った問題です。効率的なコンプレッサー、タービン、ポンプ、およびファンでは消費電力が低下するので、結果として、プラントや建物の運用コストも低下します。メンテナンスの減少は運用コストを低下させ、結果として、信頼性につながります。

詳細

水力機械

効率性、運用の柔軟性、および信頼性は、種類を問わず、あらゆる水力機械で重要な意味を持つパラメータです。水力タービンには、極めて高い効率性の実現と同時に、現在では、動作範囲の拡大とサイクル数の増加も期待されています。ポンプ、車両のトルクコンバーター、(スクリューを含む)船舶用の水中推進システムなどでも、要件は同様です

詳細

熱ターボ機械

経済性と運用上の理由から、大半の航空機エンジン、補助動力装置、およびガス・蒸気タービンで、燃料消費の削減が重要な要件になっています。炭素および非炭素の両方の排出量を削減すれば、環境問題に対する公共の関心の高まりや、増加している法規制に対処できます。

詳細

風力タービン、航空機のプロペラ・ローター

風力タービン、航空機のプロペラ・ローターの主要な空力的特徴として、ブレードのソリディティ(弦節比)が小さいことによる気流誘導の不足が挙げられます。このため、広範な流入角度に対する出力供給および空力効率が必要になります。設置場所の近づきにくさや人の安全性を考慮して、信頼性と安全性も最優先事項になっています。

詳細