航空宇宙および防衛

ANSYSは、新しい宇宙競争や、防衛支出に制約のある環境での費用負担に配慮した設計のサポートを目的として、燃料効率、環境影響、技術革新といった課題の達成に取り組む航空宇宙および防衛産業の企業を支援します。

世界中の大手企業がANSYSソフトウェアを活用して、次世代の航空機、商用宇宙船、情報・監視・偵察(ISR:Intelligence, Surveillance and Reconnaissance)技術に基づく無人システムなどの開発を進めています。重要な応用例の1つとして、乗客の快適性および安全性の最適化が挙げられます。これ以外にも、高度な多機能材料の使用、数百万行もの組み込みソフトウェア、モデルベースのシステムエンジニアリング、多くの専門分野にわたる最適化など、複雑な要素が関係しています。


Featured Sections Heading

ジェット燃料の価格高騰と環境面の影響軽減への要求を受けて、民間航空機のサプライチェーン全体で燃料効率の改善とライフサイクル所有コストの削減の取り組みが積極的に進められています。

詳細

高度な奥行きと幅広さを備えたANSYSのエンジニアリングシミュレーション技術は、防衛産業で重要な役割を担っています。特に、主要な組織において設計プロセスの効率を改善するとともに、費用負担に配慮してモデルベースのシステムエンジニアリングを活用しています。

詳細

航空機の電子化をさらに推進する構想では、重量の削減と燃料効率の改善が大幅に進むと期待されています。この構想の主要な構成要素として、電子システムのサイズ・重量・電力・冷却(SWAP-C:Size, Weight, Power and Cooling)要件と、従来システムと同等の電子システムによるリプレースの2つが挙げられます。

詳細

宇宙という過酷な環境には、製品は初回の設計段階から正確であることが求められています。ANSYSのエンジニアリングシミュレーション技術は、既成および新興を問わず、宇宙技術に携わる政府機関や商業組織で求められる製品の信頼性を保証します。

詳細

Applications

スマートかつ安価なISR

ANSYSのエンジニアリング技術は、スマートかつ安価な情報・監視・偵察(ISR:Intelligence, Surveillance and Reconnaissance)製品の開発に最適です。シミュレーションによって、開発プロセス後期での不具合の減少、ペイロードおよびプラットフォーム機能(無人システムを含む)の向上、組み込みの電子通信技術の性能改善などが実現します。また、統合型のシステム解析とマルチフィジックスシミュレーションによって、ロバスト性に優れたプラットフォームとペイロードの統合が実現します。

詳細

費用負担に配慮した設計

シミュレーションベースのエンジニアリングは、製品開発の期間短縮やコスト削減に加えて、高品質の実現とイノベーションの推進といったメリットを実証してきました。ただし、財政面が重視される現状では、シミュレーションツールを採用するだけでは、費用負担の目標を満たすには不十分です。

詳細

現状維持のエンジニアリング

疲労解析、先端材料、次世代エレクトロニクス、および組み込み制御コードに関連する機能によって、ANSYSの技術は、ライフサイクルを通した予測で現状維持のエンジニアリングに取り組むお客様を支援します。これには、メンテナンスコストの最小化、稼働率の最適化、開発プロセス後期での設計不具合の削減、既存のプラットフォームへの新しいハードウェアやソフトウェアコンポーネントの統合も含まれます。

詳細

航空機の効率向上

燃料効率向上と環境負荷低減が、航空機設計のあらゆる側面に影響を与えます。

詳細

乗客の快適性と安全性

旅客機メーカーは乗客の快適性と安全性の向上にしのぎを削っています。ANSYSのシミュレーションソフトウェアはECS(機内空調システム)の設計に活用され、時として相容れない複数の目標の達成に貢献しています。

詳細