2020 R2エレクトロニクス製品バージョンアップセミナー Maxwell / Twin Builder 編

Ansys Maxwellでは、領域分割法による大規模計算等のコア技術の向上をはじめ,マルチフィジクス連成解析,モデルベース開発について数多くの性能向上,機能改善,追加機能が登場しています。 Ansys Twin Builderでは,モデル流通に向けて従来のFMU機能の改善,Linux OSへの一部機能対応により,幅広いモデリング環境をご提供します。また,電動化のニーズに応えるため、Battery Wizard の操作性向上や Modelica EV Powertrain Library(β版)を追加しました。

Electronics Desktop

  • Dynamic Surface Resolution によるメッシュ生成機能向上の正式対応
  • Grantaの材料DBの既存95モデルに温度依存性の情報が追加、誘電体材料の72の周波数依存性モデルが追加

Maxwell

  • 3D静磁場解析 MPIによる領域分割法ソルバー
  • 2D過渡磁場解析 並列処理能力向上
  • 誘導モータ ROMモデル
  • NVH – 高調波補間技術の向上
  • フルモデルを分割モデルとして自動計算
  • コアロス計算の温度依存性考慮
  • システムカップリングのエンハンスメント 他

Twin Builder

  • FMUモデル等のExport機能改善
  • Linux OS対応(一部機能)
  • 電動化モデリングへの対応 (Battery Wizardの改善/ EV Powertrain Library (β版) )
  • Modelica Editor の改善
  • 各種ROM Builderの改善 他
I want to receive updates and other offers from Ansys and its partners. I can unsubscribe at any time. ANSYS Privacy Notice