2020 R2 エレクトロニクス製品バージョンアップセミナー HFSS / Circuit 編

Ansys HFSSでは、ソルバーの機能向上による解析の効率化に対応し、さらに5G Standard ToolキットによりFCC認証で求められる5Gアンテナの電力密度、累積分布関数(CDF)の出力が簡単に行えるようになりました。 HFSS 3D Layoutでは、従来メッシュ数が非常に多く解析が困難な大規模GDSIIモデル向けに、形状修正やメッシュ生成について機能強化が図られました。 Circuitでは、EMCやパワエレ解析で利用できるツールの提供や、新アルゴリズムによりDC解析の安定性を向上させました。

Ansys Electronics Desktop

  • Dynamic Surface Resolution によるメッシュ生成機能向上の正式対応
  • Field PlotをEnSightで扱えるファイルへ出力可能
  • Grantaの材料DBの既存の95モデルに温度依存性の情報が追加、誘電体材料の72の周波数依存性モデルが追加

HFSS

  • 5G Standard Toolkitによる電力密度計算のポスト処理自動化(FCC認証用データの抽出)
  • 5G Standard Toolkitによるアンテナアレイの累積分布関数のポスト処理自動化
  • 3D Component のアレーアンテナ解析で高速化を実現
  • 3D Componentごとに適したメッシャーを自動判別し、1つの解析で異なるメッシャーが適用可能に
  • 境界条件における Shell Element 機能の改善
  • Lumped RLC 境界条件で直列接続に対応
  • Circuit Port の収束性の改善

HFSS 3D Layout

  • ECAD Xplorer の機能性向上で IC モデル解析のワークフローを効率化
  • レイヤー構成を把握しやすい Edit Layers 画面
  • PEC や RLC 境界条件を簡単に設定など様々な利便性向上

Circuit

  • EMCやパワエレ解析用の新モデル追加で ESD 解析の機能拡充
  • 新アルゴリズムによる DC 解析の安定化
I want to receive updates and other offers from Ansys and its partners. I can unsubscribe at any time. ANSYS Privacy Notice