SMART 破壊

バテル記念研究所およびアメリカ国立標準局 (現在のアメリカ国立標準技術研究所) による 1983 年のレポートによれば、破壊の経済的コストは米国単独で年間 1,190 億ドル (1983 年時点でのドル) でした。今日、これと類似した調査を行えば、消費者向け製品、自動車、ならびに産業機器における長年にわたる大幅な増加によって、この数字が増加していることは確実です。消費者および企業にかかる破壊のコストを削減できるテクノロジが出現すれば、経済だけでなく顧客満足度にも大きな影響を与えます。