2020

Webinar

Ansysが実現するデジタルツイン

デジタルツインとは、物理空間にある現実の機器や設備を仮想空間上で作成した“デジタルの双子(ツイン)”です。実空間での稼働状況をリアルタイムで収集し、デジタルツインにインプットしてシミュレーションを実施することで予知保全や最適運用に活用する技術です。アンシスは従来から持つシステム解析や3次元CAEの強みを生かし、マルチドメインのシミュレーションベースデジタルツインを構築でき、IoTプラットフォームと連携して実際のサービスを実現します。ここではそのコンセプトや事例をご紹介します。

レベル:
初級~中級

こんな人に受講をおすすめ:

  • 予知保全、最適運用などのサービス提供を検討されている方
  • IIoTを活用した既存の保守サービスをデジタルツインでより高品質にしたいと考えている方
  • 設計時のデータを保守サービスでも活用、また運用データを設計にフィードバックしたいと考えている方

SHARE THIS WEBINAR

문의하기

* = Required Field

Thank you for reaching out!

We’re here to answer your questions and look forward to speaking with you. A member of our Ansys sales team will contact you shortly.