Polymer Processing

ポリマー加工

過去数十年の間、ポリマーは、素材および化学プロセス業界の様々な用途で、コスト効率が良く柔軟性の高いソリューションとして出現しました。プラスチック部品およびゴム部品は、軽量で衝撃に強く、比較的低温で加工しやすいことから、石油価格の高騰および金属やガラスなどの代替品との競合はあるものの、大幅に需要を伸ばしています。同時に、世界規模の競合が続くことで、利幅および製品化までの期間が圧迫されており、メーカーは製品の性能および生産効率といった領域で常にイノベーションを強いられています。

ANSYS製品の幅広さと能力を利用した仮想プロトタイピングは、これまでより高品質なポリマー製品を短期間で安価に設計および製造できるコスト効率の良い手法であると実証されています。拡張性が高いANSYSのソフトウェアを使用すれば、新しいポリマー加工工程の開発、工程の重要な詳細の調査、代替材料の効果の検討、および非常に革新的な手法の試験を速やかに実行できます。

Polymer Processing
速度分布、ポリマー転化、モノマー濃度、温度などが反応器内で求められる。

ポリマーの設計および工程を検討するにあたっては、多くの場合、複数のシステムコンポーネント間の相互作用を示す完全な仮想モデルを生成するために包括的なマルチフィジックス機能が必要になります。ANSYSのソフトウェアを使用して、材料の変更、動作条件の調整、および工程の変更の影響を調査できます。これにより、プロセスの大きな進歩につながる可能性がある革新的な手法などの研究開発イニシアチブを、ずっと少ないコストとリスクで進めることができます。

ANSYSのエンジニアリングシミュレーションソリューションは、あらゆるポリマー加工用途にわたって広く使用されています。