Wind, Aircraft Propellers and Rotors

風力タービン、航空機のプロペラ・ローター

風力タービン、航空機のプロペラ・ローターの主要な空力的特徴として、ブレードの剛率が低いことによる気流誘導の不足が挙げられます。このため、要件には、広範な気流の入射範囲での出力供給や空力効率が含まれます。使用不能の状況(インアクセシビリティ)や人の安全性を考慮して、信頼性と安全性も最優先事項になっています。

設計者にとっての課題は、高度な空力/流体力学効率と優れた耐久性を両立した機器を開発することです。成功を収めるには、構成部品とアセンブリーが複数の目標を達成できるように、円滑で学際的なコラボレーションによる、各専門分野における高忠実度のシミュレーションが必要です。

ANSYSのCFD、ジオメトリ、およびメッシュ生成ツールによって、空力効率とロバスト性に優れたブレードの開発が可能になります。ANSYSの構造ツールと組み合わせて使用することで、高忠実度の空気力学解析から、重量、強度、耐久性、および効率性の最適化が施された、信頼性に優れた翼状構成部品が得られます。