燃料消費の削減、機械効率の向上

燃料消費の削減や産業機器の効率化を実現するため、タービン、コンプレッサー、燃焼器、吸排気系、空力/流体力学、熱、燃焼、機械的および動力学的影響など、機械性能に影響を及ぼす可能性がある、あらゆる構成部品や分野に開発者は注目しています。

一連の課題には、トレードオフが伴います。例えば、動作範囲を犠牲にすることなく耐荷重を増加させる、強度および耐久性を維持しながら軽量化を実現する、コスト増加や複雑化を伴わず、信頼性を犠牲にすることなく燃焼温度を高めるといったトレードオフの関係が挙げられます。

ANSYSの統合型ツールセットは、統合型の環境で、ターボ機械固有のプリ/ポスト処理も含めて、関連する物理モデル全般に対応します。ANSYSのソフトウェアによって、効率および性能に優れた1次流路、効果的な2次流路、高温・低排出の燃焼器、安定性と信頼性に優れた回転アセンブリー、長寿命化および荷重・熱条件の所定の変動に耐えられるように最適化された構成部品などの開発の迅速化が実現します。

ターボ機械は、高忠実度のシミュレーションを必要とします。このため、生成されるモデルサイズは大きくなるので、ANSYSのツールは、最新のコンピューティング環境で高性能を発揮できるように最適化されています。

Reduce Fuel Burn