サイクル運転の信頼性、耐久性、安全性、許容範囲の維持・改善

燃焼温度が高くなれば、製品寿命が短くなる可能性があります。ただし、適切な熱管理の手法を採用すれば、有害な影響を緩和できます。1つの手法として、最小限の冷却空気を最適に制御して通気させる方法が挙げられます。この手法では、高温の構成部品周囲の流れ場についての詳細な情報と、正確な製品寿命の予測に必要な入力条件である、応力、熱伝達、および温度を正確に予測する機能が必要になります。非熱効果は、起動や遮断など、広範な動作範囲での機械的および動的効果の予測に関連します。

ANSYSが提供する包括的なマルチフィジックスソリューションは、機械の耐久性の評価および改善に必要な統合型のツールおよびワークフローを提供します。ANSYSのCFDソリューションは、構成部品の詳細な熱解析に必要な流れ場および境界条件を提供します。分布条件をCFDまたは構造解析で決定して転送するか、直接、機械解析で決定して、熱応力解析に流用できます。モーダルシミュレーション、非線形応力シミュレーション、および支持・収容部の影響を含む、包括的なローターダイナミクスシミュレーションによって、完全な構造解析が実現します。CFD、構造、および動力学機能の独自の組み合わせによって、詳細な空気-弾性シミュレーションが可能になり、比類のない忠実度で機械安定性の解析が実現します。

Maintain and Improve Reliability