排出量削減および信頼性向上のための燃焼器シミュレーション

ガスタービン燃焼器全般の開発は、分流、圧力損失、混合、および冷却を正確に決定するための空力シミュレーションから始まります。さらに、温度、燃焼パターン、火炎位置、燃焼生成物、排出物、および出口パターン因子を決定するための高忠実度の燃焼シミュレーションが必要です。形状が複雑であるため、特にLESシミュレーションでは、メッシュサイズが大きくなる可能性があります。

詳細な燃料ライブラリおよび反応メカニズムが利用可能となり、忠実性、精度のもっとも高いシミュレーションが実現されます。

Combustor Simulation