Consumer Electronics

コンシューマーエレクトロニクス

デジタルカメラ用の高解像度イメージセンサーや、リアルなゲーム体験を可能にする高性能なグラフィックスプロセッサなど、設計の対象を問わず、成功を収めているコンシューマーエレクトロニクス企業は、コストダウン、機能統合、製品の信頼性向上、市場投入までの期間短縮といった取り組みに注力しています。

成功の絶好機を逃さないようにするため、エンジニアは設計のトレードオフを正しく見極めながら、コンシューマーエレクトロニクスコンポーネントが現実世界で示す挙動を正確に予測する必要があります。

ANSYS のエレクトロニクスシミュレーションソフトウェアは、構造力学熱/流体力学 、およびエレクトロニクスサブシステム間の相互作用を予測できます。チップ-パッケージ-システム(CPS:Chip–Package–System)ワークフローによって、プロトタイプを作成する前の段階で、ICとシステムの相互作用の解析が可能になり、課題設計の排除、システムコストの削減、および市場投入までの期間短縮が実現します。