Diagnosis and Personalized Medicine

診断とオーダーメイド医療

エンジニアリングシミュレーションは、診断装置の最適化に実績がある手法です。傾向として、装置の小型化、スマート化、ポータブル化、および高精度化が進んでいます。

遠隔・連続監視装置は、診断に役立つデータを測定、集約、および伝送します。その電子機能については、電磁波の過剰な吸収や信号間の干渉など、ANSYSの技術を用いて仮想的に試験できます。

ペースメーカー、除細動器、インシュリンポンプなど、遠隔装置は移植される場合があり、安全性が最優先事項になっています。製品開発プロセスの早い段階でシミュレーションを体系的に採用することで、設計は最適化されて、患者や装置運転にメリットがもたらされます。

ヘルスケア業界で最新の開発事例として、治療効果の飛躍的な向上を実現できる、オーダーメイド医療が挙げられます。医療研究者は、ANSYSのシミュレーションツールと生物医学画像を組み合わせることで、疾患進行の予測の向上とともに、最適な治療選択肢の決定を実現しています。