医療イノベーションの促進

予算が縮小しているにもかかわらず、さらに安価な新しい医療ソリューションに対する需要や、人口の高齢化に伴う医療の受診機会の増加に後押しされて、大手医療機器会社はイノベーションに限界まで取り組んでいます。

小規模な改良では、斬新なイノベーションによる持続的な競争優位は実現できません。そして、イノベーションの種類を問わず、少なくとも既存のソリューションと同程度の信頼性を確保している必要があります。

市場投入までの期間は、コスト削減を含む、重要な鍵になります。概念からリリースまで、製品開発の迅速化には、非臨床、前臨床、および臨床試験に加え、FDA承認など、プロセスのあらゆる段階で時間短縮が必要になります。

先駆的なヘルスケア会社は、仮想人体実験室であらゆる有望な概念の仮想的な試験を実施しています。仮想人体実験室では、マルチフィジックスのコンピュータベースのモデルを使用して、プロトタイプを現実世界の条件下に置きます。

早い段階でのシミュレーションの体系的な採用によって、ロバスト性や信頼性を危うくすることなく、斬新なイノベーションが実現します。設計者は、物理的な試験の実施前に、FDA承認の迅速化を可能にするプロセスとして、in silico評価を導入することで、有望なプロトタイプの妥当性を幅広く確認できます。

Boosting Medical Innovation