経済性と収益性を両立した医薬品

安価な治療と製品の収益性は、相反するものではありません。成功を収めているヘルスケア会社は、長期間に及ぶ高コストな試験や承認プロセスの合理化を進めながらも、革新的な医療および医薬品によるソリューションを開発しています。

エンジニアリングシミュレーションは、既存製品の最適化と同時に、運用およびメンテナンスに伴うコストの最小化を実現する鍵です。コンピュータベースのモデル(規制当局によって承認されたモデル)は、既存の医療機器に基づいて、新しいモデルの確証を得る上で十分なものです。事例によっては、ANSYSの技術による包括的なシミュレーションが典型的な規制試験を代用して、承認中の不具合に伴うリスクやコストの削減を実現できます。

仮想的なアプローチによって、価格プレミアムの正当な理由になる、持続的な競争優位がもたらされます。

この実現には、早い段階でシミュレーションを体系的に採用して、新しい概念とその潜在的なメリットを実際の使用条件で評価する必要があります。埋め込み型装置の開発では、信頼性に優れた仮想人体実験室の採用によって、開発の迅速化と同時に、新しいソリューションの競争優位の拡大というメリットがもたらされます。

Affordable and Profitable Medicine