グローバル化の加速

グローバル化によって、非工業国でのエンジニアリングリソースの不足は解消されます。また、ヘルスケア業界では、地域のニーズに合わせてグローバルな概念(機器、製品、プロセス)をカスタマイズすることも可能になります。

基本的な変動要素として、患者の多様性、母集団の平均的な健康状態、治療の経済性、エネルギー安定性、規制基準などが挙げられ、単一の医療ソリューションでは、あらゆるニーズに対処できません。

エンジニアリングシミュレーションは、既存のモデル化リソース(患者固有の形状情報や材料特性など)をアーカイブ化する仮想チーム、合理化されたデータアクセス、コスト効果に優れたスケーリングを可能にする機敏なプロセスなどとともに、グローバル化された製品開発のアプローチの中核をなします。

柔軟性に優れた統合型のANSYS環境は、イニシアチブをサポートする共通のコミュニケーションプラットフォームを提供します。シミュレーションでは、複数のシナリオや必要な規制承認を再現できます。患者の変動要素は、in silico評価が可能です。また、仮想人体実験室のデータを調整して、地域の母集団を表現できます。その成果として、製造/運用コストの削減と同時に、性能に対する影響の軽減によって、経済性に優れた医療が実現します。

Accelerating Globalization