Ventilation and Comfort Modeling

換気および快適性のモデリング

HVAC(暖房・換気・空調)システムの開発では、部屋の温度、湿度、収容能力のほか、ドア、窓、壁を通じた熱損失などの様々な要素を考慮する必要があります。HVACシステムの設計を最適化するためには、建物や車両などの環境の気流を把握しなければなりません。

費用抑制と環境保全性も考慮すべき重要な要素です。仮想モデリングを行えば、大量の設計案を短期間でテストする機会が得られるので、コスト効率、エネルギー効率、快適性が最も高い適切なシステムを考え出すことができます。

ANSYSのソフトウェアは、部屋や構造の複雑な形状をモデリングして解析する機能だけでなく、強力なメッシュ生成ユーティリティとCAD連携機能も備えています。

プロジェクトで部屋のダイナミクスの単純な解析を行うにせよ、温度、湿気、音響、持続可能性を考慮しなければならない複雑な状況を解析するにせよ、ANSYSのソフトウェアは、理想的な状態を実現するシステムの開発に役立ちます。たとえば、データセンターでは、最低/最高温度を忠実に守る必要があり、コンサートホールでは、騒音の低減が重要な課題となります。また、アイスホッケースタジアムでは、氷の近くで温度を氷点まで下げるだけでなく、座席および売店エリアの環境の快適性を確保する必要もあります。

ANSYSのマルチフィジックスソフトウェアを使用すれば、部屋の仕様から居住者の活動までの様々な入力パラメータに基づいて、HVACシステムを最適化することができます。これにより、建築設計の承認の迅速化、予算超過のリスクの低減、理想的な建築を実現することも可能になります。