Blast, Explosion and Impact

爆破、爆発、影響

ガス漏れやテロリストの攻撃など、建物の内部で発生する危険な事象の多くは予測が不可能であり、何の前触れもなく物体が建物に衝突することもあり得ます。また、事故は常に防止できるわけではなく、新しい構造物を設計および建築する際に、建物の設計者、市の職員、管理者は、このような事象の可能性を考慮する必要があります。このような脅威を念頭に置いて建物を設計することで、建物の構造的完全性が改善すると同時に、日常的な利用者や居住者にとって、さらに安全性と快適性に優れた環境も実現します。

さまざまな災害のシナリオのうち、破壊が最も過酷なものであり、事象の再現は困難です。ただし、事象の断片的な記録を集めて得た知識は、設計者やエンジニアにメリットをもたらすと考えられます。ANSYSのソフトウェアは、さまざまな構造の仮想的なモデル化に対応するとともに、構造に対する災害の影響を把握するため、必要に応じて何度でも環境的な力や破壊的な力の影響の試験を実施できます。

仮想モデル化によって、設計者は、災害時に構造で発生する事象だけでなく、その理由も把握できるようになります。例えば、車両が衝突して、建物が部分的に崩壊した場合について考えてみましょう。災害状況の変化をマルチフィジックスによって調査することで、換気システムや消火システムの見直しなど、生存者の安全確保に必要な構造の改善方法に加えて、将来的な事象に耐えられる構造の強化方法が明らかになります。他に類を見ない対応範囲の奥行きと幅広さを特長とするANSYSのシミュレーションソフトウェアは、建物の設計の最適化によって、わかっていても予測が困難な危険から建物を保護する機会をエンジニアに数多く提供します。