高忠実度のアンテナの設計

アンテナの小型化、チャネル帯域幅の制限、設計期間の短縮、他のコンポーネントとのアンテナの相互作用など、設計エンジニアは厳しい課題に直面しています。高忠実度のアンテナの設計に対応するANSYSの包括的なソリューションは、自動化、高精度化、および効率化を特長とする手法によって、このような課題の克服を可能にするツールとしてアンテナシミュレーションに採用されています。特長は、次のとおりです。

  • 適応型の自動メッシュ生成:この主要機能は、物理モデルや設計の電磁気特性に基づいて正確な解析結果を生成します。この自動メッシュ生成手法によって、エンジニアは最適なメッシュの判別や作成に時間を費やす代わりに、アンテナの設計に注力できるようになります。
  • 有限要素法(FEM:Finite Element Method):モダンなアンテナに関係する複合材料やジオメトリを効率的に処理します。
  • 積分方程式(IE:Integral Equation):電流がサーフェスメッシュ上で解決される、開放型の放射や散乱の問題の効率的な解析を目的として、3Dモーメント法(MoM:Method of Moments)を導入しています。
  • ハイブリッドFEM-IE法:アンテナ要素の詳細解析にFEM、場の伝播にはIE法をそれぞれ使用することで、FEMとIE法の両方の長所を組み合わせます。
  • 物理光学ソルバー:照明下の領域では電流が近似して、影の領域ではゼロになる大規模な問題を電気的に解析します。
  • 非定常ソルバー:時間領域と同様に空間の電磁場を計算します。

Electric Field

アンテナに起因する車両内部および周囲の電磁場

Electric field distribution 

ISO 11451-2に準拠して有限要素法(FEM:Finite Element Method)アプローチを使用した車両全体のシミュレーションにおける1GHzでの電磁場分布とアンテナ放射の遠電界パターン