燃料効率と排出ガス

行政機関が積極的に進める規制と、低燃費車に対する消費者の強い需要を受けて、乗用車やトラックのメーカーは、あらゆる機会を逃さず利用して設計の燃料効率化に取り組んでいます。車体、内装、シャーシ、電気、エレクトロニクス、パワートレインなど、あらゆるシステムが再設計の対象として検討されています。

Aerodynamic Optimization

最先端の空力最適化

成功を収めるため、自動車メーカーは、冷却性能や室内の静粛性を犠牲にすることなく、空力抵抗を軽減する必要があります。また、強度と耐久性のニーズを満たしながら、車重を軽減する必要があります。これ以外にも、革新的な方法による転がり抵抗の軽減、エンジンの燃焼効率の改善、効果的な排出ガス後処理装置の導入といった目標を達成する必要があります。

Structural deformation of composite door

複合材料による軽量化:複合構造のドアの変形

ANSYSの包括的なシミュレーションツールとベストプラクティスは、強靱で耐久性に優れた複合材料を用いた設計による車重の最適化、最先端の空力抵抗の最適化、エンジンやパワートレインサブシステムのダウンサイジングおよび最適化など、あらゆる手段で燃料効率を改善します。

ngine emissions 

エンジン排出ガスの改善:燃料噴霧、化学反応、および乱流のモデル化