エレクトロニクスシステムと組み込みシステム

今日の自動車では、高度なエレクトロニクスシステムと組み込みシステムが標準機能になっており、自動車の効率性、安全性、快適性、および娯楽性は高まっています。先進運転支援システム(ADAS:Advanced Driver Assistance Systems)や自律走行車など、パラダイムの変化をもたらすイノベーションは、数年後には製造に移行していると考えられます。近い将来には、自動車の電子化がさらに進み、単なる機械という色合いは薄れているでしょう。ただし、エレクトロニクスシステムや組み込みシステムによって、車両は大幅に複雑化しており、車両メーカーはこの複雑さへの対処に苦慮しています。

車両メーカーやサプライヤは、複雑さの軽減と同時に安全性の向上をもたらす、ISO26262やAUTOSARのような標準の採用を迫られています。ただし、この対応と並行して、製品の市場投入までの期間を大幅に短縮する必要があります。

ANSYSのシミュレーションソフトウェアによって、自動車セクターは、アンテナやレーダーの開発、EMI–EMC予測、信号品位、チップパッケージシステム設計、エレクトロニクス冷却といった複雑なタスクに高忠実度のツールを用いることで、このような課題に対処できるようになります。ANSYSのツールは、コントローラーソフトウェアの検証用モデルの作成に対応する、高速かつ高忠実度のモデルベースのシステムエンジニアリングソリューションによって、コントローラーソフトウェアの開発に大変革をもたらします。認証済み組み込みコードの自動生成ツールによって、コントローラーソフトウェアの妥当性確認は不要になります。

Embedded Systems