流体解析最前線 -Ferrari Competizioni GT-

WEC(FIA世界耐久選手権)に参戦するFerrari Competizioni GTでは、2~3年ごとに12カ月という期間内で新しいレーシングカーの開発を実施しています。長い間、この開発サイクルではAnsys FluentのCFD技術が利用されてきました。2019年から、エンジニアリングチームはAnsysのMosaic-enabled Poly-Hexcoreメッシング技術を採用いただいております。同資料では、Ansysの技術を使用したことで、改善されたポイントを実機の写真を交えてご紹介しております。


※当資料は株式会社三栄様より発行の「Motor Fan illustrated」からの記事を抜粋しております。著作権の二次使用につきましては、使用料を支払い合意の上で、利用しております。

シェア:

私は、Ansysおよび関連パートナーからの最新情報およびその他の案内の受信を希望します。私は、いつでも配信を停止することができます。 Ansys Privacy Notice

ANSYSへお問い合わせください

お問い合わせ先