自動車向けICのシステムレベルEMI/EMCシミュレーションにチップ電力モデルを利用する方法についてのご紹介 (ウェビナー)

本ウェビナーでは、神戸大学大学院、科学技術イノベーション研究科の永田真教授をお迎えして、自動車向けICのシステムレベルEMCシミュレーションでチップ電力モデルを利用する方法についてお話しいただきます。まず背景について簡単にご説明いただき、CPMを使用したEMIシミュレーション手法、続いてCPM+CESMを使用したEMSシミュレーション手法を解説していただきます。

シェア:

私は、Ansysおよび関連パートナーからの最新情報およびその他の案内の受信を希望します。私は、いつでも配信を停止することができます。 Ansys Privacy Notice

ANSYSへお問い合わせください

お問い合わせ先