GM社におけるバッテリパック設計でのVSPの採用

1990年代初期の商業的導入から、リチウムイオンバッテリは携帯用電子機器や電気自動車の市場で、再充電可能なエネルギー貯蔵装置の最も一般的な形態として普及してきました。電気自動車メーカーにとっては、効率性とロバスト性に優れたバッテリパック用の冷却システムを設計することが、重要なエンジニアリングの課題です。

米国エネルギー省(DOE)の再生可能エネルギー研究所(NREL:National Renewable Energy Laboratory)によって運営されるプログラムの一環として、General Motors、ANSYS、ESim LLCの各社の研究者、エンジニア、およびソフトウェア開発者で構成されるチームがANSYS Twin Builderによるシステムレベルのアプローチを採用して電気バッテリ設計ツールを開発し、冷却システムの設計候補の解析に成功を収めました。

ANSYS ADVANTAGEの記事 - バッテリパック設計の自動化

VSP at GM for Battery Pack Design

ANSYSへお問い合わせください

お問い合わせ先
Contact Us