Share:
VRXperience

ANSYS VRXPERIENCE

新しい自律システムの開発には、設計から仮想試験へ、そして改良のために再び設計へと流れる反復プロセスが必要となります。

ANSYS VRXPERIENCEのシミュレーションプラットフォームは、最新のドライバー不要のシステムの反復プロセスをサポートするために設計および開発されました。この完全なソリューションでは、コンポーネントレベルのモデルインザループ(MIL)テストからソフトウェアインザループ(SIL)とハードウェアインザループ(HIL)シミュレーションを使用したシステムレベルの検証および妥当性確認まで対応できます。また、ANSYS VRXPERIENCEでは、3D仮想環境でヒューマンマシンインタラクション(HMI)の動作をシミュレーションすることによって、人的要因を考慮します。

強力なシミュレーション機能によって、物理的な試験にかかる時間とコストを大幅に節約できます。

試験運転を仮想体験

SCANeR™を採用したVRXPERIENCE Driving Simulatorを使用して、インテリジェントヘッドランプユニット、センサー、およびHMIの性能をテストし、最適化します。

この対話型のリアルタイムドライビングシミュレータでは、現実の運転条件を仮想的に体験できます。可変的な地形条件、天候条件、および照明条件の下で自動車をテストし、センサー認知、センサーフュージョンおよびシステム動作を評価します。

数十億マイルという距離を物理的に運転するために必要な時間の何分の一かのわずかな時間で、クローズドループシミュレーション環境で自動車を仮想的にテストできます。

ANSYS VRXPERIENCEでは、変更されたセンサー入力のために繰り返し可能なプロセスが実現され、開発の時間と費用が大幅に削減されます。

  • SCANeR™を採用したVRXPERIENCE Driving Simulatorは、自動車、同乗者、歩行者、および財産の安全を確保します。

照明システムの動的な妥当性確認

動的かつ仮想的な運転環境で、自律走行と人間が運転する基本的な走行の両方について、物理場ベースの完全なシミュレーションで対象のヘッドライトを評価できます。走行条件下でのシステム評価や法規制順守の確認は、かつてないほど簡単です。

  • ANSYS VRXPERIENCE Headlampでは、インテリジェントなヘッドライトと自動運転(AD)システムをテストするためにあらゆる夜間条件を仮想的にシミュレーションできます。

センサーの安全なテスト

ANSYS VRXPERIENCEでは、リアルな走行条件に基づいて、将来の現実世界に導入されるコネクティッドカーと同じように信頼性の高い意思決定を行います。VRXPERIENCEで提供されるカメラシステム、LIDAR、レーダー、超音速センサー向けの現実的なリアルタイムでの物理場ベースのセンサー応答によって、デジタル自動車では必要とする環境情報をすべて得られるようになり、最も安全なオートパイロットシステムを開発できるようになります。

  • ANSYS VRXPERIENCE Sensorsでは、あらゆる自動車センサー(カメラ、レーダー、LIDAR、超音波)をシミュレーションします。

感性品質を大幅に向上

究極の仮想的顧客エクスペリエンスを実現することによって、外観と感性品質への製品変動の影響を予測および検証します。製品を最適化し、複数の高価な物理的プロトタイプの必要性をなくす、ロバスト性の高い設計を生成します。確実で達成可能な製造および組立てプロセスを確立し、コストを増やさずに実現し得る最上級の感性品質を提供します。感性品質を最適化することによって以下を実現できます。

  • 顧客に究極の仮想体験を提供
  • 製造上のばらつきの影響を評価

HMIを対話型で評価

運転手を自動車設計プロセスの中心に配置します。没入型の運転環境で、新しいインテリジェントな運転システムや、最新の能動型安全システムに対する運転手の応答を効率的に評価することで、運転手が重要な情報を直ちに理解できることを確認できます。人命を危険にさらしたり、高価な設備を破損することなく、将来の製品やHMIに対する運転手の反応をテストできる、正確で確固たる方法が初めて提供されます。

  • ANSYS VRXPERIENCE HMIでは、機能的なHMIのコンセプトを完全な仮想現実に統合します。

新しい音の次元の専門的エンジニアリング

ANSYS VRXPERIENCE Soundでは、製品向けの完璧なサウンドシグネチャーを作成できます。この音分析用の総合的なソリューションによって、認識される音質の測定と3D再生が容易になります。ANSYS Mechanicalによるシミュレーション(振動など)を聴き、音を修正してコンポーネントへのレベル変更の効果を評価し、修正した音をシミュレーションに組み込み、音質の分析を実行できます。リスナーパネルに基づいて心理音響テストを設定し、サウンドが実際にはどのように認識されるかについて統計を取ることもできます。サウンドのグラフィックス表示機能を備えた直感的なユーザーインターフェースを活用し、完璧なサウンドシグネチャーを簡単に作成できます。

  • ANSYS VRXPERIENCE Soundで音のレンダリングと分析を実行

機能

ドライビングシミュレータ

VRXperienceでは、シナリオ、交通、および車両力学のランタイムを含む、SCANeRを採用したドライビングシミュレーション環境を提供します。カスタムの仮想路面環境を作成して、各種シナリオをテストできます。

VRXperience driving simulator
ヘッドランプ

さまざまな制御モデル(AFS/ADB、マトリックスビーム、ピクセルHDライト)に接続することで、インテリジェント照明に対応した試験を実現します。さらに、独自のIIHSおよびグレア評価機能も提供されます。

VRXperience headlamp
HMI

VRXPERIENCEでは、仮想ディスプレイやアクチュエータを含めたHMI対応のフルコックピット設計を、視覚シミュレーション、視覚と指先のトラッキング、触覚フィードバックを通じてテストし、妥当性を確認できます。

Optical HMI
感性品質解析

VRXPERIENCEでは、対象製品の感性品質に対するアセンブリーや形状の偏差による影響を、製造上のばらつきを考慮しながら、原寸およびバーチャルリアリティーの双方で可視化できます。

Optical perceived quality analysis
センサー

VRXPERIENCEには、グラウンドトゥルースセンサー、カメラ、ライダー(LiDAR)センサー用のシミュレーションを即時に統合可能です。強力なグラフィカル表示機能を備えているため、複雑なADASシステムや自律走行車を仮想的に評価できます。

Optical sensors
サウンド

VRXPERIENCEでは、現実に近い音源や没入型3Dサウンドスケープを構築できます。ドライビングシミュレータ用の音の生成と制御は簡単です。認識の調査や3Dサウンドの再生も可能です。

Sound dimension