ANSYS medini analyzeソフトウェアは、ハザード操作性(HAZOP)分析、故障ツリー分析(FTA)、故障モード影響分析(FMEA)、故障モード影響診断分析(FMEDA)などのキーとなる安全性分析方式をオールインワンの統合ツールとして実装します。適用可能な安全規格で要求される安全性に関連する活動の効率的で一貫した実行をサポートします。ANSYS medini analyzeは、その他のエンジニアリングツールと統合され、SysMLなどの標準言語を使用したモデルベースの安全性分析を実現します。

適用範囲

ANSYS medini analyzeは、自動車、航空宇宙、産業機器などの業界で、セーフティクリティカルなエレクトロニクス(E/E)およびソフトウェア(SW)制御システムの開発に用いられます。特に、業界固有の規格であるISO 26262、IEC 61508、およびARP4761に沿って作成されています。適用範囲は、早期概念段階から製品開発、さらに半導体レベルの詳細な分析にまでおよびます。

主要機能

ANSYS medini analyzeでは、最新の分析手法をモデルベースの環境で統合的に利用することができます。

  • ISO 26262、IEC 61508、ARP4761、MIL-STD-882Eに対応する固有のテンプレートを使用したE/EシステムおよびSW制御機能の安全性分析および設計
  • アーキテクチャ/機能設計と、品質、信頼性、および機能安全性の分析手法との統合
  • 運転状況分析、ハザードおよびリスク分析(HARA)、機能的ハザード評価(FHA)、FTA、FMEA、FMEDA、FMECA、確率的信頼性分析、およびハードウェア故障基準のサポート
  • SAE J1739、VDA品質ハンドブックなどに準拠した、製品設計および関連プロセスの品質分析
  • 完全なエンドツーエンドのトレーサビリティ
  • 作業成果物およびドキュメントの作成をカスタマイズ可能
  • 高度なモデルベースの比較およびマージ技術などのチームワークのサポート
  • ANSYS SCADE Architect、IBM® Rational® DOORS®、IBM® Rational® Rhapsody®、Enterprise Architect、MATLAB®/Simulink®、Stateflow®、PTC Integrity™、Microsoft® Office、TortoiseSVN、IBM® Rational® ClearCase®、Jama Softwareなどのツールとの統合
シェア:

機能

  • 安全概念モデリング

    機能的、技術的、またはHW/SWの安全概念をモデルに取り込み、安全要件、安全目標、および安全アーキテクチャを統合します。

    Learn More

  • モデルベースの安全分析

    設計モデルに直接関連付けられた帰納法および演繹法により、システムおよびコンポーネント内のセーフティクリティカルな問題を見つけて解決します。

    Learn More

  • 信頼性の予測と分析

    確立された標準信頼性ハンドブックと、FAT、FMEDAおよびFMECAなど広く使用されている定量分析手法に基づいて、HW設計の安全性と信頼性を評価します。

  • トレーサビリティと妥当性確認

    自動制約チェック機能を使用して、安全概念が規格に準拠しているかどうかを検証し、影響解析のための豊富なトレーサビリティを確立します。

    Learn More

  • チームワークとレビューサポート

    安全プロジェクトを共有、比較、およびマージすることにより安全エンジニアチームの協力体制を築き、タスク管理システムと統合することでワークフローをサポートします。

    Learn More

  • エンジニアリング環境への統合

    要件、設計モデル、および部品ライブラリなどのエンジニアリングデータを、規格要件管理およびシステム設計ツールとシームレスに交換します。

    Learn More

  • カスタマイズとプロセスへの適応

    企業固有のプロセス、ガイドライン、およびテンプレートに容易に適応します。

    Learn More

  • ANSYS製品の統合

    medini analyzeと他のANSYSツールとの緊密な連携が、システム設計、分析、シミュレーションに利点をもたらします。

    Learn More

  • レポートとドキュメントの作成

    強力なレポート作成エンジンにより、レポートおよび要求されるすべての安全ドキュメントを安全性分析から直接作成します。

    Learn More