フットボール用ヘルメットの衝突

人間の頭蓋骨と脳の形状および位置を表す頭部の形状モデルを作成するため、実際の人間の頭部のMRIスキャンを撮像し、そのスキャンを読み取り、Simplewareソフトウェアを使用して、頭蓋骨と脳の正確なモデルを作成しました。次に、頭部モデルをフットボール用ヘルメットのモデルと組み合わせ、その組み合わせたモデルを複製し、向かい合わせに配置して、解析用の形状を得ました。2つのヘルメットの衝突は、ANSYS Autodynでシミュレーションしました。脳内の衝撃波と衝撃による損傷およびその位置によって、傷害がどこで、どのようにして発生する可能性が高いかが示されます。ヘルメット内部のパッドは、衝突によるエネルギーをできるたけ多く吸収するように設計されています。実験計画法を用いてヘルメットの形状を変更し、パッドの最適な位置および材料を求めることによって、ヘルメットの効果を最適化できます。今後、これと同じシミュレーション主導の製品開発プロセスを使用することで、異なる用途ごとに、可能な限り頭部を保護し、事故による損傷を軽減するヘルメットを設計できます。

Football Helmet Impact