疲労解析の簡素化

疲労解析により、設計者は自動車、飛行機、重機、電気モータ、電子部品などの新製品の疲労寿命を推定できます。疲労解析では、疲労寿命、亀裂伝播および強度に関するデータが得られます。これらを利用して十分な情報に基づく選択を行い、製品の品質を保証し、疲労寿命を最適化することで、製品使用時の早期の故障を防止できます。

また、既存の製品が故障した原因を明らかにするために疲労解析を利用すれば、自信を持って設計を改良できます。


疲労解析の簡素化

従来、疲労理論は複雑で難解なものとされ、疲労解析を有効に利用していたのは、専門家がほとんどでした。しかし、ANSYS nCode DesignLifeなどの最新のシミュレーションツールによって、この重要な業務が取り組みやすいものになりました。これらのシミュレーションツールは、低サイクルおよび高サイクル疲労の解析手法やさまざまなタイプの荷重履歴などの広範な機能をカプセル化し、全体として包括的な疲労解析プロセスを提供します。

強力な解析プロセスをワークフローに組み込むと、問題を設定して実行するために必要な工数が減るため、シミュレーションが容易になります。このワークフローは、ユーザーが入力しなければならないデータの量を削減する「ウィザード」と考えることができます。

この技術ヒントは、カスタム疲労解析ワークフローの作成方法、および将来そのワークフローを使用するために、ANSYS Workbenchですでに利用できるデフォルトのワークフローと一緒に保存する方法を示します。

Fatigue analysis workflow

このFEAのデモは、1年間にわたり気象条件に暴露された風力タービンのモデルを使用して、疲労解析ワークフローを作成する方法を段階を追って示します。フルバージョンのデモを表示するには、デモの下にある 「疲労解析の簡素化」をクリックして ご登録ください。